メモリアル

これまで我が家にレッスンやアンサンブル練習などで

来てくださった方々には、アイドル的な存在だった、

 

自称シンガーのオカメインコのキョロちゃん。

実は昨年の11月の、とあるコンサートが続いた多忙の朝、

 

私の不注意から、大空に舞ってしまいました💦

 

14歳になるという彼、人間でいえばやんちゃな中ニの男子、

であるわけですが、

 

家の中でしか飛んだことのない子でしたので、

もうそれは『水を得た魚』のごとく、

 

呼んでも振り返らず、はるかに見えない所へ

羽ばたいて行ってしまいました。

 

ずっと探して、ずっと待って、

警察にも届けて、迷い鳥サイトも毎日見て・・・

 

何の手だてもないのでした。

 

一体どこに行ってしまったのでしょう。

どなたかのおうちでお世話になっているのだったら

よいのですが。

 

いなくなる前の日の晩も、ハープを弾くと籠から出て来て、

いつもの定位置で静かに聴いていました。

 

私が歌えばそれに合わせて、合いの手を入れてくれたり、

ずっと音楽を共にしてきたコンパニオン・バードでした。

 

病気か老衰か、寿命を終えるまで、

しっかり面倒みるつもりでしたのに、

 

逃がしてしまったことは、本当に悔やまれます。

別れはある朝突然に・・・なのですね。

 

それ以来、空を見上げることが多くなりました。

そして野鳥の数の多さを初めて知りました。

 

最初の頃、「もしかして!」という野鳥にも

何度も会いました。

 

でもそれは鳩だったり、モズだったり、

たくましく生きている鳥たちでした。

 

彼らは自然のものだけで食べて生きているのですね。

その知恵も生まれながらにして備わっているのです。

 

でも飼われている鳥は、餌を捕ることができません。

どなたかに保護されない限り、何もできません。

 

ごくたまに、おしゃべりができて住所を言える

インコなどもいますが、

 

キョロちゃんは少し大きくなってから飼い始めたので、

全く話すことができないのでした。

 

初夏になって、一段と野鳥の数も増えました。

鳥の声もいろいろな種類があるんだなと、

耳をすますようになりました。

 

キョロちゃんは14年間、ずっと家の中にいて、

もしかしたら一番我が家のことを知っている

存在だったのかも知れません。

 

よそのお宅の庭先に迷い込んで、

そちらの子になっていることを願ってやみません。

 

 

もしかしたらと、庭先に置いたバードフィーダー。
もしかしたらと、庭先に置いたバードフィーダー。