一部が欠けただけでも

MCC Coffee House(吉祥寺)にて
MCC Coffee House(吉祥寺)にて

先週は久しぶりに、所持している中で一番軽いハープを持って、

出かけました。

 

アイルランドやイギリスへお伴した、

思い出たっぷりのハープです。

 

アーティストの方にお願いしてペイントしてあって、

見目麗しく、

 

いつもケースから出すと、皆さんが、

「素敵♡」と言ってくださいます。

 

こちらのハープ(イブ)は弦と弦の幅が狭く、

ケルト奏法にはぴったりなのですが、

私はどちらかというと、ベースがクラシックなので、

 

使用頻度は、弦の幅が広く、結構指の力を入れやすい

別のハープ(ブリタニー)を持ち出すことが

圧倒的に多いです。

 

ところが、そちらはまた部品が壊れてしまいました!

経年劣化というものです。

 

 

黒いレバー↑の故障で、取り外しております。

なんだか歯が抜けているみたいで、とても気の毒。

 

早く直してあげたいのですが、

これも部品を取り寄せるには、時間がかかります。

 

なので、このようなことが起こると、

「ああ・・・」とショックを受けるのでありました。

 

ハープの弦の張力は、とても大きいということなのでしょう。

部品一つ一つは、どれもなくてはならない大切なもので、

一つ欠けるだけで、全体が機能しなくなってしまうのです。

 

前回は演奏中に壊れてびっくりだったので、

今回は家にいた時でよかった、とむしろ感謝しています。

 

そして同じサイズのハープを2つ所有していることも、

いざという時にありがたいです。

 

先週は電車で2時間ぐらいのお出かけでした。

車で大きいハープを持ち出すよりも、

こういう身軽な出陣の方が、最近好きになりました。

 

さあ、早く直して出かけよう!と思います。

 

 

      〜 Harp & Song コンサート〜

 

小さなスペーの中で、このような静かな小型ハープで、

unplugged (音響なしの)コンサートもしております。

 

演奏のご依頼、レッスン等は、お問い合わせよりお願いします。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    K.SAKAI (土曜日, 18 6月 2016 19:02)

    明日のメッセージの準備をしているうちに、ふと、ここに来ました。岩手・大槌町の「風の電話」のお話しをします。行ったことがないのですが、想像の翼を羽ばたかせると、なぜか、「ダニーボーイ」演奏の情景が目に浮かびました。吹き寄せてくる海風に、「みんな、生きていてね。幸せに暮らしてね」という亡き「人々」の想いを聞いたように感じました。

  • #2

    KIKI (土曜日, 18 6月 2016 20:13)

    私もその電話ボックスを写真で見たことがあります。そんな風にまた話せたら・・・大切な人との繋がりを感じられる電話ボックスなのですね。
    ダニーボーイの歌詞を見ると、子を思う親の気持ちは、本当に無償で純粋ですね。晴れの日も曇りの日もその場所にいて、いつまでも帰りを待っている・・・切ないですが、このメロディーにはどこか力強さを感じています。