ここぞという時のために

ゴールデンウィークもあと少し。

ゆっくりと片付けや、ガーデニングを少々していました。

 

最近サラダセットの苗をプランターに植えて、

成長を楽しみつつ、自家製ドレッシングでサラダを食べています。

 

油断すると虫がつきますので、他の植物のそばには置かず、

虫に見つからないうちに食べなくてはなりませんが、

新鮮な野菜って、嬉しいものですね。

 

さて、このブログでは、コンサート報告、ハープ、音楽全般、

アイルランドやイギリスのこと、など、

テーマを限定して書いているのですが、

 

時折、いろいろな分野のパフォーマーの方のために、

あるいは、代わりのいない(つまり休めない)お仕事を持っている方のために、

または、ここぞという時(どなたにも年に数回はあるのでは!)のために、

 

体調が万全に整えられて臨めて、

パフォーマンスがマイナスにならないように、

そしてその一日を楽しく過ごせるように、

 

そんなテーマも設けております。

つまり健康維持をして、大切な機会に臨みましょう、ということです。

 

その背景には、体調を崩しつつも演奏会場に向かったという

痛恨の、そして大反省したことが過去にありましたので、

もうそんな思いはしたくない、という経験からであります。

 

いろいろなことを試しつつ、今ではだいぶ体調コントロールが

できるようになったと思います。

 

前置きが長かったですが、今日は最近手にした、

「ハチミツ」で美味しく健康になる、といった内容の本を

ご紹介します。

 

ハチミツは自然の抗生物質とも言われていますが、

紀元前からそのような効能は、古代人にも知られていたということです。

 

栄養素も完璧に近く、これを備蓄していると災害時にもよいと書かれています。

甘さは砂糖の1.5倍もありながら、殺菌力が高く、

 

咳や喉の痛みを抑えたりはもちろんのこと、

口内のミュータント菌の増殖を抑えるので、

虫歯予防になるそうです。

 

そんなわけでこの本でお奨めしていたのは、

「ハチミツで歯磨き」でした!

 

夜、歯磨きの後にハチミツをスプーン一杯口に含み、

全体に行き渡るようにしてそのまま寝てもよし、

ハチミツを歯磨き粉替わりに使ってもよいそうです。

 

口内の雑菌の増殖を抑え、お砂糖と違ってハチミツの糖分は

ブドウ糖や果糖などの単糖類なので、速やかに胃に吸収、

脳や身体の疲労回復効果で安眠できて、一石二鳥だそうです。

 

そして甘いけれど虫歯にならないという不思議。

歯にはお砂糖がだめなのですね。

 

その他、お顔にパックしたり、お風呂に少し溶かしたりすると、

お肌を柔らかくしっとりしてくれて、

肌表面の悪玉菌も取り除いてくれるそうです。

 

また食べ方としては、ビタミンCと一緒に摂るのがベストで、

最強の免疫力増加剤になるらしいのです。

「はちみつレモン」というのは、本当にベストな組み合わせなのですね。

 

いろいろな病気の元、活性酸素が体内に増えてしまうと、

細胞が酸化して老化を進めたり、

免疫力が落ちて予期せぬ病気を招いたりします。

 

それに勇敢に立ち向かってくれるのが、ハチミツというわけです。

なんだかすごく頼もしく、それでいて手軽に手に入りますし。

 

マヌカハニーのような高級なメディカルハニーでなくても、

100%天然ものであれば大丈夫なようですので、お試しの価値ありです。

なんとなくインフルエンザの予防にもなりそうですよ。

 

歯磨きとお顔のパックは、お風呂タイムに早速やってみましたが、

なかなか良かったです。

 

そして何よりも甘い香りが心地よく、少し贅沢な気分になれます。^^

 

ミツバチは一生の間に、わずかスプーン一杯しかハチミツを取れないそうです。

そう考えると貴重ですし、有り難いですね。

 

食べるだけではもったいない、ハチミツを健康に役立てる方法に、

ご興味ある方は是非トライしてみてくださいませ!