「おもてなし」に学ぶ

 

 

春が来たような素敵なティーセットです。こんなティータイムを過ごせたら!

 

先日、東京ドームで開かれたいた、『テーブルウェアフェスティバル』に初めて行って参りました。

 

今度私も、アフタヌーンティーコンサートをいたしますので、その雰囲気に浸りたく、目の保養も兼ねて、オフの一日を過ごしました。

 

国内・外合わせて、たくさんの陶器メーカーが集結しての展示と販売、有名な方がテーブルセッティングした「作品」などもあって、

 

広い東京ドームは多くの人で溢れていました。

少々足が疲れましたが、寒いこの時期に、とても華やいだ、そしてリッチな気分でした。

 

 

 

 

 

 

耐熱ガラスメーカー『Hario』が作った、ガラス製のチェロ、他にバイオリンやキーボードもガラス製で、

トリオのデモ演奏がありました!

 

音は・・・・材質がガラスですので、やはり共鳴は難しく、とても小さな音でした。

 

きっとガラス製の楽器は重いのでは・・・奏者の方のご苦労が感じられました。

 

一見、氷のようにも見えて、涼しげというか、夏だったらもっとよかったかも知れません。

 

もちろん、実用化するわけではないので、イベントの一部として話題性があって、十分楽しめるものでした。

 

たくさんの人がステージ前に集まっていました。

 

石坂浩二さん作のテーブルセッティングです。

飾ってある絵も、ご本人の作品ですね。

素晴らしい。

 

その他、黒柳徹子さんの作品もありました!

 

普段何気なくセットしているテーブルも、もっといろいろ芸術的に表現できる分野なのですね。

 

そして、それは自己表現でもありながら、他者(お客さん)への思い、おもてなしで成り立っているという点、素敵なことですね。

 

 

ハープもちゃんとありました!

こちらはベネチアングラス、イタリアからです。

 

オーケストラの一つ一つの楽器を、このようにピエロさんが弾いているガラスのお人形です。

ズラリとあって圧巻でした。

 

ベネチア、一度行ったことがありますが、素敵なガラス工芸の街ですね。

 

でも、本当にガラスは繊細で壊れやすいので、あまり持っていません。その昔ベネチアで買ったものも、一つ割れ、二つ割れ・・・あらら、もうないかも知れないです。

 

でも、窓際に置いて光に当てたら、きっと奇麗ですね。

地震の少ないヨーロッパならではの芸術品です。

 

 

 

 

 

さて、来週となりました、アフタヌーンティーコンサート、

私も楽しみつつ、準備に入りました。

 

今日、打ち合わせをして参りましたが、お店の多大なご協力があって、

本当に盛りだくさんです!

 

今回、この新しいタイプのコンサートの初回記念に、

サプライズも予定しております。^^

 

そして、小型ハープに興味あって、終わってからちょっと触ってみたい、

そんな方も時間の許す限りOKです。お申し出ください。

 

また、最初にお出しするウェルカムハーブティーは、KIKIの自家製レモングラスと

風邪予防になるハーブのオリジナルブレンドです。お楽しみに!

 

是非お誘い合わせの上、いらしてくださいませ。^^

 

 

♪ Casa Classica Presents 「ハープと香りのコンサート」♪

 

 日時:2016年2月16日(火) 14:00〜15:30(開場13:30)

 場所:カーサクラシカ(港区赤坂3−19−9 オレンジボックスビルB1)

    TEL: 03-3505-8577

 出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り、アロマテラピー)

 料金:¥3,500(ミュージックチャージ、ウェルカムハーブティー、香りのワークショップ、

            アフタヌーンティーセット、込み)

 

1stステージ:心地良い香り(アロマ)の空間で、アイルランド伝統曲のコンサート
         ウェルカム・ハーブティーをお楽しみください。
       
2ndステージ:香りのハンドリフレクソロジーワークショップ
       ハーピストの観点から学んだ、ハンドケアとリラックス方法をご一緒に。

3rdステージ:アフタヌーンティー(イングリッシュスコーン&紅茶など)を楽しみながら、
       イングランド伝統曲のコンサート

ご予約:カーサクラシカ、またはKIKIのHPお問い合わせフォームより
    お申し込みください。