晴れの日も、嵐の日も

先週の金曜日の午前中、ある厳かな場面でハープを弾く機会がありました。

 

なんだか音がおかしいのです。

その日は雪でも降りそうな、でも小雨の日でした。

 

寒いからかしら、と中断してもう一度調弦して、再度弾き続けましたが、またすぐに。

 

こんなことって今までなかったのに。

頭の中は???だらけでしたが、

 

仕方なくそのまま弾いて、一応その場は終えました。

 

片付けてすぐ家に帰り、「うちの子大丈夫かしら?」と心配になってよくチェックしました。

 

なんと、一部の部品が壊れておりました。

 

アイリッシュハープは半音階を作るために、このようなレバーを使うのですが、弦に当たる部分に亀裂が入っていたのです。

 

ほんの少しのことなのですが、それだけでも全体に大きく影響してしまうのでした。繊細なのです。

 

そして、いつ壊れたのかと考えてみますと、

 

直前に指慣らしで弾いた時は大丈夫でした。

それから実際に弾くまでに、30分ぐらいあったので、

その間にメリメリと・・・ということになります。

 

よりによって、そんなぁ、です。

 

今まで、そうですね、何百回と本番で演奏した中で、2、3回何らかのトラブルに遭ったことはあります。

 

演奏中に弦が切れたこともあります。

でも、運良くその弦は弾かない曲だったり、

不幸中の幸いばかりだったのですが、

 

その日のように、最初から故障というのはとても珍しいことです。

いろんなことがあるものだなぁと思います。

 

楽器も人間と同じで、いい時もあれば悪い時もあるのです。

今回は部品の老朽化ということになります。

 

そう考えると仕方のないことでした。

 

メーカーさんに問い合わせたところ、手に入れるには少し時間がかかるよう。

しばらくこのハープ(ブリタニーといいます。)には休暇に入ってもらうことにしました。

 

来月小型ハープでのコンサートをやる予定ですが、

もう一つのイブという名前のハープを使います。

 

これは逆に、アイリッシュ系ではとても流通しているハープです。

うちでは最近ちょっと出番のないハープでした。

 

待ってましたと、リリーフピッチャーのように頼もしく見えます。

 

イブに興味ある方、これからやってみたいと思う方にも

是非来ていただけたらと思います。