音楽だより Vol. 8 青春の輝き/カーペンターズ

 

久しぶりのYoutube投稿です。

 

ずっとやりたいと思っていた、カーペンターズの名曲、「青春の輝き」をクロスストラングハープという特殊なハープで弾き歌いしたものを、ようやくアップしました。

 

正直、大変ビッグな曲です。

カレンの伸びやかな、深みのある歌は何度聴いても「ブラボー」なので、とてもそこに近づけないものがありました。

 

いえ、決して今も近づけたわけではないのですが、自分に課した課題でしたので、トライしてみました。

 

この曲は、ベース音の半音階下降が多く、普通のアイリッシュハープで弾き語りはできないので、←こちらにある、たくさん弦が張ってあるハープを使用しています。

 

まず、原曲の伴奏部分をCDで聴いて、クロスハープ用に編曲しましたが、ハープを弾くこと自体もなかなか大変で・・・。

 

 

思い起こしては、練習しておりましたが、

ハープって、弾かないとすぐ指が忘れてしまうような楽器で、

 

コンサートが入っている期間、この曲を弾かなかったりすると、

また一からやり直すような感じで、ずいぶん時間がかかってしまいました。

 

そして、問題の歌ですが、

取り組んでいると、カレンはすごいなぁと再認識することが多かったです。

本当に雲の上のようなヴォーカル、私の大先生であります。

 

でも、この曲を今回選曲できたのは、

私の声の音域がカレンと重なっているからでした。

 

特に一番最初の音(E)がとても女性には低く、

美空ひばりさんなら出せるでしょう〜みたいな低さです。

 

私自身でも自分の最低音ですし、(かなりギリギリですが。)

そして滅多に出さない音域です。

 

でも、この曲はやはり原キーでないと、違ったものになってしまうのです。

そういうことから、あまりカバーして歌っている人は多くないようです。

 

何やかにやとハードルの高い曲ではありましたが、

今はなんとなく、宿題を終えた学生気分であります。

 

歌詞にも深みがあって、カレンの人生の中での孤独感などが

痛いように手に取れるのですが、

なぜか歌うと元気をいただけるような曲です。

 

いろいろあるけれど、大丈夫、頑張ろう!みたいな。

 

というわけで、今年初めての音楽だよりは、『青春の輝き/カーペンターズ』を

お送りいたします。^^)/