クリスマスコンサート2015

クリスマスに近い20日の日曜日、千葉県野田市の欅ホールにて、オカリナの山田恭弘さんのコンサートに、出演させていただきました。

 

3部構成で、2部が私のコーナーで、アイルランドのクリスマスキャロルやアイリッシュメドレーなどを演奏させていただき、

 

その他に2曲ほど、山田先生と共演させていただきました。

 

オカリナのソロ部分をどのように弾こうか、考えていきましたが、何しろ当日のその場にならないと、わからないので、う〜ん、なかなかスリル満点です。

 

でも、大変美しいオカリナをハープに乗せていただいて、

新しい世界を感じました。

 

山田先生はトークもお上手で、お客様へのサービスがたくさん、自然にあのようにお話しできるのは、やはり芸能界でのお仕事が多いからでしょう。

 

気配りと思いやりあるトークに、学ぶところがありました。

 

そして私の最後の曲は、プログラムを変更して、ゴスペルソングとアメージンググレースを合わせて、新しく編曲したもので締めました。

 

クリスマスですし、ゴスペルとアメージンググレースも基本、讃美歌ですので、それを是非オカリナとコラボしたいと思いました。

 

 

アンコールは全員でのアンサンブルでした。

 

モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス、神の御子はこよいしも、サンタが町にやって来た、

この3曲です。

 

実は、こんなにたくさんでの合奏は初めてです。

でもオカリナもまったり、ハープもまったりで、

歩き方のテンポが同じ楽器同士なんだなぁと思いました。

 

片や土でできたオカリナと、木でできたハープ、自然の素朴さがあって、雰囲気も似るのでしょう。

 

お客様もまったりしていただけたでしょうか?

 

 

おまけですが、こちらはリハーサルの風景です。→

 

普段、フラットなスペースが中心で、大掛かりな音響やライト無しに演奏している私にとって、

 

本日はいつになく、ザ・コンサート!という感じでした。

 

それにしてもライトが当たるととても空気が乾燥するのですね。

 

20〜30分ぐらいのステージでしたら、普段滅多に本番でお水など飲みませんが、今日は一回だけ飲んでしまいました。

   

 

終了後に、フルート&オカリナの君塚仁子さんと。

 

一緒にお写真は撮れなかったですが、ピアノの原田恵さん、パーカッションの塩のやもとひろさん、そしてメインの山田恭弘さんの5人が本日の出演者でした。

 

皆さんお優しい方々ばかりで、初めてご一緒させていただきましたが、すっかり打ち解けておりました。

 

いつも一人で悶々と過ごす開始前、とは大違いで、一緒にいただくお弁当の美味しいこと。

そして打ち上げも!

 

今年は本日が最後の演奏、弾き納めでした。

これから少しクリスマスを楽しめそうです。♬

 

出演者の皆様、スタッフの皆様、そして、お忙しい中お越し下さったお客様、本当にありがとうございました。

 

Merry Christmas!