Happy Wedding

11月3日の祝日の日に、Lily of the Valleyとして演奏してきた仲間が、ついについにご結婚、本当に嬉しい日でありました。


お祝い演奏は、「ヨーロッパの小さな村の婚礼」をテーマに、異国情緒を繰り広げさせていただきました。


本当はここで新郎新婦に踊っていただけばよかった、と事前アナウンスを忘れてしまったことを悔やむ。

(そう言われても困るかな?)


ひたすら軽快で陽気な音楽をハープ&リコーダーで演奏しました。


そして、花嫁の志保さんを引っぱり出し、ピアニカまで吹いてもらい、村の婚礼の主役の美しいソプラノを披露していただきました。


やはり三人でなければ、Lily of the Valleyではありませんからね。


久しぶりに一緒に演奏して、しかもおめでたい日でもあり、とても嬉しかったです。


プロジェクターには、これまでの歴史が映し出され、Lily of the Valleyデビュー時のスライドもあって、懐かしかったです。




最後に素敵なカップルとご一緒に。


この日はなんと、花嫁さんが自らウェディングケーキを作って、お二人で入刀でした!

余裕ですね。


お菓子作りが上手な志保さん、ティータイムには参列者全員に手作りクッキーを振る舞うなど、忙しい中、温かいおもてなしをいただきました。


おめでとうございます!

末永くお幸せに。


そして、これからも演奏できること、楽しみにしています。