おうちのようなチャペルにて


7月12日の日曜日、埼玉県八潮市にあります、やしおホープフルチャーチに呼んでいただきました。


おうちのような可愛らしい佇まいの教会です。


今日は久しぶりに晴れた(そしてかなり暑い!)休日でしたので、交通渋滞を懸念して、一般道でも行けるところですが、高速に乗りました。


お陰でかなり早めに到着です。

でもその方が安心です。

何があるかわかりませんものね。

今日は礼拝の中での演奏ですので、これはリハーサル中の撮影です。

 

だいたいいつもリハでは、通しはせずに、音響チェックのみです。

 

ボーカルとハープとそれぞれの音量バランスを見て、調弦をしたら終わりです。

 

そして、この時期のハープは一番弦が切れやすいので、予備のハープも一応持って来ています。

保険のつもりです。これでもう安心。

 

ところが、本番で、音響機器のアンプがいきなり壊れてしまいました!!😳

 

こんなことって初めてです。

そういうこともあるんですね。

ま、弦が切れるよりはよいですが。

 

よどみなく流れるようなコンサート作りを目標としている私には、このような事態が大変心苦しく、痛恨でありました。

 

アンプは結構気に入っていたので、ショック。

また選ばなきゃ。

 

この日は、家族の在り方、夫婦の在り方など、身近なお話を聖書から、

西岡まり子先生という、ゲストの牧師先生から聞きました。

 

ファミリー歓迎礼拝に相応しいメッセージでした。

心静まって、いろいろ自らを振り返る時でありました。

 

終わってから、牧師先生の奥様の手作りのお食事をいただき、

教会を後にしました。

今日は私にとって、前期最後の演奏でした。

 

なんだか急に夏のような空、お天気です。

そして、新たなる季節を迎えるような清々しさがありました。

 

やしおホープフルチャーチの皆様、ありがとうございました!

またお会いしましょう。

God bless you!