イースター、そして新年度の始まり

先日の日曜日は、イースター(キリストの復活祭)でした。


イースターはクリスマスと違って、決まった日にちではないので、年によって寒い日だったり、ポカポカ陽気だったりです。


去年は4月20日と遅かった上に、那覇で演奏していましたので、夏にワープしたような気分でした。


今年は、雨降りの寒い一日でした。

そして、教会でイースターエッグをいただきました。(もちろん食べられます!)


お一人の方が130個も茹でて、作って

                              くれたそうです!(パチパチパチ・・・)


カトリック松戸教会のステンドグラス
カトリック松戸教会のステンドグラス

新年度も始まっていますね。学校や仕事など、新たなる思いでこの4月を迎えた方も多いことでしょう。

 

先日、私の親しい友人が、フランスへステンドグラスの勉強で旅立ちました。

(♡素敵すぎる!)

 

今までにも手の込んだオーナメントなどを

頂いたことがありましたが、さらに磨きをかけ、新しい技法なども勉強するのだそう

です。奥が深いんですね。

 

私もアイルランドへ行って思いましたが、やっぱり現地の空気を吸いながら、本物に触れることって大切だと思います。

 

 

今はネット社会で、家に居ながらもいろんな情報が入りますが、

やはり芸術はそうはいきません。

自分の目で見て、触れる、または聴く必要がありますね。

 

それが作り出された歴史のただ中にいることを実感しながら、

現地で吸収していくことがベストです。

 

だから皆リピートして出かけて行くのですね。

完成はないでしょうけれど、到達点により近づくために、

一生勉強を続けたいものです。

                  

 

出発も間際の日に、ランチをご一緒しました。

日本食もしばらくは食べられないと思いますから、

ヘルシーなマクロビカフェにて。(晴れる家カフェ in 松戸)

 

でも、パリでしたら、本当に美味しいものが多いですから、

そんなに日本食が恋しくならないかも知れません。

 

ちょっと高いけど、結構美味しいお寿司屋さんもあるそうですし、食には困りそうにないですね。

 

きっと今頃、パリのアパルトマンで、クロワッサンとカフェオレでもしているかしら・・・と逆に羨ましくなります。

 

どっぷりフランスをエンジョイしつつ、大聖堂の素晴らしいステンドグラスを見学できることでしょう。

 

大変なこともあるかも知れませんが、是非がんばっていただきたいです。彼女の先々が本当に楽しみです。^^)/

 

 

ランチの後、お散歩がてらに伺ったのは、近くのカトリック教会(二番目の写真)でした。

そちらのステンドグラスを拝見しに行きました。

 

彼女が習っていた先生の作品だそうです。私もこの先生のランプを一つ、持っています。

光を受けた時に、本当にステンドグラスって、きれいですね。

私も大好きです。

 

その日は桜も咲きかけ、きれいでした。

友の門出に私もウキウキして過ごした一日でした。