Wexford Carol(音楽だより6)

新春ではありますが、今回の音楽だよりは、クリスマスキャロルであります。

アイルランドのクリスマスキャロルとして、最古のものと言われています、"Wexford Carol"です。

 

前にこのキャロルのことを書いた時、ちょうどコンサートシーズンだったので、

動画を撮ることができず、シーズン終了の翌日、先月25日のクリスマスの日に

撮ったものをYoutubeにアップしました。

 

2014年のクリスマスコンサートでは、この曲をオープニングにしました。

1番と3番は原曲の英語で、2番はKIKIによる日本語の歌詞です。

といってもほとんど訳詞のようなものですが、メロディーに乗せてみました。

 

昨年のこのシーズンの最後、私は、つくづく弾き語りが楽しく、喜びに感じました。

音楽と言葉を携えて、もうトコトン吟遊詩人でいこう、と思いつつ

2014年を終えたのでした。

 

そして、今年の目標としましては、

曲の準備をしたり、練習したりの基本的なことはもちろんですが、

 

出かけていくための身支度といいますか、健康であることとか、

心の余裕とか、トータルな環境作りをもっと整えられたら、と思いました。

 

その上で、今以上に対話的なコンサートにしていきたいと思うのです。

 

聴いてくださる皆さんとの心の握手、キャッチボールができるように。

今年はそんなところを目指したコンサート作りが目標であり、願いです。

 

どうぞ今年も、KIKIのHarp & Song コンサートをよろしくお願いいたします。

 

それでは、ちょっとシーズンがずれましたが、アイルランドに古くから伝わる

"Wexford Carol"をお送りします。