コロンバンといったら・・・・

子供の頃、贈答品で頂いたコロンバンという、クッキーが好きでした。それが人の名前だったと知ったのは、

結構後になってからです。

 

それは聖コロンバという、カトリックの聖人です。

←こちらは、アイルランドのある教会のステンドグラスに描かれていたコロンバさん(アイルランド語では、コロム・キルといいます)です。

 

コロンバはAD500年代の方で、スコットランドのアイオナ島に遠征して、当時戦地となっていたその島で、キリスト教伝道をしたそうです。

 

私はコンサートでは、アイルランドでは12世紀ぐらい

からハープが弾かれていたらしい、と説明して

いるのですが、

 

ある文献に、アイオナ島に渡ったコロンバの一行は、

ハープで伴奏して、聖歌を伝えたとありました。

 

(このことは、あるお一人の方の文献でしか確認できないので、史実かどうかは不明で、気になるところです。

もしご存知の方がいらしたら、是非教えてください!!)

 

 

実際、何をもってハープというか、というところも関係してくると思いますが、

もちろん今と同じ形ではないことは、はっきりしています。

 

でも、簡素な木枠に、動物の腸などを撚った弦が5本も張ってあれば、

もうハープの仲間です。

 

そう考えますと、すでに500年頃のアイルランドで、

ハープが実用化されていたとしても、不思議はありません。

 

ただ音階は、今とは全く異なります。ドレミファ・・・の音階ができたのは18世紀ぐらいと

言われていますから、もしかしたらその頃、音階という意識はなかったかも知れないです。

 

そして、それよりももっと前、紀元前1000年頃のイスラエルで、

やはりハープらしき楽器(竪琴)を弾いていたダビデについて、

私はよく考えるのですが、

 

ダビデが弾いたハープが、どのようなもので、

どんな音楽だったのか、大変興味深いです。

 

旧約聖書の中に、ダビデは十弦の琴を弾いていた、とあるので、

私は試しに10弦だけを使って、弾いてみたことがありました。


そうですね・・・今の音楽を基準に考えますと、

とても単純な音楽しか作れないようにも思われますが、

 

ダビデが作詞した言葉に合う、その当時の美意識に沿った美しい音楽

だったのではないかと思います。

 

想像では限界があることですが、自分がそんな昔の方と、共通のことをして、

考え、目指している不思議を思います。

 

***********************************

 

今月は、クリスマス前の準備期間で、いろいろな方のライブに行ったり、

新曲の準備や、ヴォイストレーニングを受けたりの予定です。

 

少しずつ寒くなりますので、寒さ対策始めました!

これは暖かそう、と思うものを見ると、つい買ってしまいます。

毎年、そんな冬準備を案外楽しんでおります。


   ☆Harp & Song コンサート☆

現在、12月以降のコンサートをお受けしております。

ご連絡お待ちしております♪ 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。