アイルランド滞在記9(それではまた!)

ダウラ村にある数軒のお店。
ダウラ村にある数軒のお店。

10月6日、朝ゆっくり起きて、ゆっくりと

ブレックファーストをいただき、

帰りの準備をしました。

 

ダブリンから日本への飛行機は、夕方5時過ぎ

でしたので、早朝にこちらを出て、ダブリンの

市内で少し過ごそうかと思ったのですが、

 

今回はシティはやめました。

もうこのカントリーサイドの空気を吸ったまま

日本へ帰りたくなりました。

 

そして、お昼過ぎのバスで、ここレイトリウム県を後にして、ダブリン空港へと向かいました。

名残惜しいです。

 

今回、この滞在をプロデュースしてくださった、

ピータ・ロウさんと奥様の妙子さん。

素敵なご夫妻です。

 

きめ細かくいろいろご配慮をいただいて、大変快適で、

有意義な旅でした。

ありがとうございます。

 

妙子さんとは同郷(東京都世田谷区)なので、共通する

お話も多く、楽しい日々でした。

 

是非またお会いしたいです。

一時帰国の際には世田谷の方でも!

 

空から見たダブリン郊外。
空から見たダブリン郊外。

今回は航空会社のストライキから始まり、

どうなることやら、でしたが、無事に別ルートが用意

され、内容を変更することなく旅程を終えられたこと

が、大変感謝でした。

 

帰りは、ストライキも終結していて、ちゃんとエール

フランスが飛んでくれましたので、当初の予定どおり、

パリ経由で帰ることができました。

 

もしストが続いていたら、シャルル・ドゴール空港で

自力交渉をして、別ルートを探さないとならない

可能性もあったのですが、(最悪空港に寝泊まりも!)

 

そのような心配なく、本当にほっとしました。

 

日本を出て帰るまで、わずか10日間の旅でしたが、

とても内容が濃く、たくさんのものを見て聞いて

来ることができたと思います。

 

これからのコンサートのために与えられた、大切な機会

でした。

 

モー♪と寄って来る牛くん。
モー♪と寄って来る牛くん。

 

やっぱりいいな、アイルランド。

というのが、一言でいうなら、の感想です。

 

そして時々空気を吸いに来て、

自分の音楽に新たな空気を吹き込めたらと

思うのでした。

 

優しく親切な皆さんのお陰で、

本当に楽しい旅となりました。

 

ありがとうございます。

See you!

 

 

 

**長らく続きました『アイルランド滞在記』、これで完結です。

  お読みくださり、ありがとうございました。**