アイルランド滞在記8(日曜日の一日)

 日曜日を迎えましたので、ダウラ村に唯一ある

教会の礼拝へ行きました。

 

アイルランドは95%がカトリック教会です。

私はプロテスタント教会におりますが、今回特別に

お願いして、モーリンさんご家族とご一緒させて

いただきました。

 

モーリンさんには3人の娘さんがいて、

「日曜日の朝に何を着るか、これは大きな問題

(big issue)なのよ。」

と、お子さんたちの洋服をあれこれ指示していました。

 

一番下のオーラという女の子は、すでにドレスアップして、

出かけるのを待っていました。

可愛いレディです。

 

ミサに出席し、厳粛なよい朝を過ごさせていただきました。

モーリンさん、ありがとうございます。

 

そして、帰りましたら、こんなにご馳走が用意されて

いました。

 

お昼ですが、Sunday Dinnerといいます。

 

アイルランドでは、週に一度、教会から帰ったら、

皆でビッグランチを食べるという習慣が昔から

あるそうです。

 

ローストチキン、ポテト、サラダ・・・

子どもたちも大喜びですね。

 

 

 

そして食後は、ファミリーセッションです。

もうみんな、立派なミュージシャンです。

 

右からボーラン(打楽器)、フィドル(バイオリン)、ティン・ホイッスル(笛)、

そしてスプーン(本当にスプーンを楽器にしたもの)

 

学校の音楽の時間は、伝統音楽を習う時間です。

きっと楽しいでしょうね。

 

 

 

この後、村のイベント(クラシックカー博覧会)に出かけ、

夜はスライゴーのパブへ行きました。

 

まだ10月初めでしたが、もう夜などは寒くて、

持って来たマフラーが重宝しました。

 

戻ってから、さあ帰りのパッキングです。