秋の予定

8月の後半から、涼しい日が多かったですが、

そのまま9月に突入してしまいました。

 

紅茶の美味しい季節となりましたので、とっておきの

アイルランド製オートミールビスケットを

開けました。

 

賞味期限は来年の1月なので、クリスマスぐらいに

開けようかと思って取っておいたのですが、

 

今月末に、またアイルランドへ行くことになったので、

遠慮なく開封しました。 (^^)

 

 

アイルランドへは約一年ぶりになります。

こんなに早く再訪できるのは、とても嬉しいことです。

 

前回はハープを持ち、イギリスにも寄ってコンサートをしたりの

大掛かりな旅でしたが、

 

今回はアイルランドのみ、ハープは日本にお留守番で、

伝統歌のお勉強がメインです。

 

本当は夏に行きたかったのですが、なかなか予定が立たず、

秋になってしまいました。

(その分、航空料金はお安くなりますが!)

 

それでもスケジュールの隙間を縫って行くので、

約10日間ほどが目一杯の滞在日数です。

 

今回はあちこちに行かず、一カ所にステイするので、

きっとゆっくりできそうな気がします。

 

今月は、そのための新しい歌の準備を始めました。

 

日本ではほとんど知られていませんが、"The Lark in the Clear Air"という

とても美しい伝統歌があります。

 

かねがね弾き語りしたいと思っていました。

澄み切った空の下、ヒバリが歌うその声を聞いた時のように、

私の心も満たされ、待ち望んでいる。

 

美しい自然と調和した、ラブソングです。

歌の生まれ故郷で、その心髄を味わいたいと思った曲です。

 

その他、シャンノースと呼ばれる、ゲール語の歌ももっと

知りたいと思います。

 

すでに結構寒いらしいアイルランドですから、

冬を先取りするような感じになるのでしょうか。

 

前回とは違う、また新しい何かに出会えればと、

期待して出かけたいと思います。