沖縄にて(その2)

那覇に来て三日目になります。

午前中、那覇福音自由教会のイースター礼拝の中で、

ハープの演奏と弾き語りいたしました。

 

イースターというと、どんなことをイメージしますで

しょうか?

色とりどりのイースターエッグなんかも、ありますね。

 

イースターは、キリストが受難の後、三日目の朝に蘇

った(復活した)ことを記念した日曜日をいいます。

 

毎年その日は違いますが、今年は4月20日に

当たりました。

 

那覇のこちらの教会では、昨年お二人の方(写真)が天に

召されたので、この復活の日に、それぞれのご遺族をお呼びして

皆さんと一緒にイースター礼拝を、という願いがありました。

 

その記念礼拝の中で、ハープが奏でられるのが相応しいのでは、という

牧師先生のご配慮の中で、この計画が進められてきました。

 

那覇にはたくさん教会があるそうですが、こちらはとても

家族的な、優しいムードがいっぱいの教会でした。

 

アイルランド民謡を元にした讃美歌や私のオリジナル曲

など、またそれにまつわるお話もさせていただいて、

天へ届くようにと願いつつの演奏でした。

 

途中、召された方のご親戚が、それぞれに思い出を語られ

る場面では、静かにハープでBGMを弾かせていただき

ました。

 

最後は、私が伴奏して、皆さんと一緒に「いつくしみ

深き」を歌い、私の演奏タイムを閉じました。

 

ハープの伴奏で讃美歌を歌う機会は、なかなかないと思うので、

皆さんがよく知る「いつくしみ深き」を選べたのは、

よかったと思います。

 

初めて教会にいらした方にも、その音や曲がずっと心に残ってくれたら

とても嬉しく思います。

 

私自身も、小学校の時に初めて聴いた、教会のオルガンの音が

今でも忘れられません。

 

 

 

 

 

礼拝の後は、教会の皆さんがご用意してくださったお昼を

ご馳走になりました。

 

デザートもあって、皆さんとの楽しい会話が進みます。

沖縄に来てから、なんだか美味しいものばかりを

いただいて、お陰様で大変元気に過ごせました。

 

ありがとうございます!

 

 

 

可愛いレディーたちと。

 

みんな将来は何になりたいのかなぁ〜?

楽しみです。

 

 

 

 

天にいるお二人の思い出をしんみりと、

また笑いもあり・・・

 

本当に大きな一つの家族のようでありました。

今回ここに来るにあたって、ずっとメールのやり取りを

してくださった、譜久島先生ご夫妻と。

 

たくさんのご準備をありがとうございました。

ご親戚の多数の参加があって、本当によかったです。

 

そして、那覇福音自由教会の皆様、

温かく迎えてくださり、心づくしのおもてなしを頂き、

ありがとうございました。

 

思い出に残る、素晴らしい滞在でした。

是非千葉県の方にも来てくださいね!

 

                         God bless you!