ふれあいコンサート(浦和にて)

3月8日(土)の午後、浦和(埼玉県)にあります、

浦和南公民館にて、Harp & Song コンサートを

して参りました。

 

こちらの公民館の、年に一度の大きなイベント

でしたので、ご依頼いただいたのは確か・・・

1年と3ヶ月前だったでしょうか、

 

その頃何をしているかなぁ、と思いつつお受け

しましたが、意外にその時は早くやって来た

ような気がします。

 

こちらは住宅街の中にある公民館なので、

駐車場などはなく、基本的に徒歩圏の方が

 

利用されている場所でした。

 

当日も、事前にお申し込みいただいて、たくさんの方がお越しくださいました。

お天気がよかったことは、本当に何よりでした。

 

皆様、ありがとうございます!

 

ステージ正面には、バラをモチーフにしたイラスト

が貼られ、この日のために時間をかけて準備して

くださった様子が伺えました。

 

お若いお母様やお子さん、ご年配まで、幅広い

お客様の層がありました。

 

一部はアイルランド・スコットランド特集として、

ダニーボーイや庭の千草、Eleanor Plunkett、

Auld lang Sine (蛍の光)などを。

 

二部はイングランド・日本の歌特集として、

スカボロフェア、グリーンスリーブス、椰子の実など。

 

 

Home Sweet Home(埴生の宿)もイギリスの曲ですので、

そちらは日本語部分を皆さんにも一緒に歌っていただいて、

仕上げました。

 

そうそう、久しぶりにコカリナ(笛)も出して、

木造校舎の雰囲気を楽しんでいただきました。

 

休憩時間に、「昔、アイルランドとスコットランドに旅行したことを思い出しました。」

と言ってくださった方がいらっしゃったり、

 

日本の歌だとばかり思っていた曲(故郷の空)がスコッチだったとは!

と驚く方がいたり、

 

いろんな思いをもって、このコンサートに参加してくださっていることが

わかりました。

 

二部の最初は、少し幻想的にアレンジした「スカボロ

フェア」で始めましたが、

 

イングランドのアンニュイな空気が漂ってくれて

いたら、幸いです。

 

決して明るくなく、健康的でなく、曇り空で少し肌

寒い、それがイングランドなのです。

 

そういう風土の中で生まれた「バラッド」という

伝承歌として、スカボロフェアは300年以上も

歌い継がれて来ました。

 

とても雰囲気がある曲で、私も大好きです。

 

 

記念にいただいて帰りました、可愛らしい手作りのポスターです。

 

近隣の皆さまのために、こうしたイベントを考えてくださって

町づくりをなさっているのですね。

 

そんな企画にわずかばかりですが、お手伝いできて、

本当に嬉しく思います。

 

私もとても楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

アンコールをいただいて演奏したのが、「赤とんぼ」でしたが、

こういう、いつの時代に聞いてもホッとする曲というのは、

よいものですね。

 

日本の歌も、これからもっと歌っていきたいと思いました。

 

 

皆さんが熱心に聴いてくださり、予定よりもたくさんしゃべり・・・・

気がついたら1時間半を過ぎていましたが、

 

春はすぐそこまで、という土曜の日のアフタヌーンコンサートでした。

お楽しみいただけていましたら、と思います。

 

浦和南公民館の皆様、ありがとうございました!