チャリティーコンサート

 

 

2月に入りました。

 

季節柄、雪でも降ったらどうしよう、と思っていましたが、

ここのところ暖かいお天気に恵まれて、

そんな心配はありませんでした。

 

本日1日の午後、茨城県牛久市というところにあります、

牛久福音キリスト教会で、

震災のためのチャリティーコンサートをして参りました。

 

教会の方がいろいろご準備してくださって、

私ども、Lily of the Valleyの一行を迎えてくださいました。

 

住宅街の中にある、といいますか、溶け込んでいる、

素敵な教会でした。

 

新しく建て直されて2年ぐらいだそうで、

木の香りがいたします。

 

床暖房なので、足元からポカポカ暖かい^^

いいですね!

 

いつもはカイロやら何やら、防寒グッズを取り揃えて

リハをやりますが、今日は全くいりませんでした。

 

 

ソプラノ(伊津野志保さん)、リコーダー(若林いづみ

さん)、アイリッシュハープ(KIKI)

の三人編成のグループです。

 

ここでは、私がアルトとして、デュエットしています。

 

本日はチャペルということで、讃美歌を中心に演奏

しました。

 

ソロコーナーもいただき、讃美歌の他、私のオリジナ

ル曲『As it is in Heaven』という新曲も

弾き歌いしました。

 

若林さんも、リコーダーソロで、

鳥の名前の付いた曲(むくどり、ナイチンゲール)を

ご披露くださいました。

 

リコーダーは、鳥の美声を鍛える調教の目的も

あったのだそうですね。

 

 

 

志保さんもピアノ伴奏で、バッハやヘンデルの曲

や、You Rase Me Upなど、迫力の美声を

響かせてくださいました。

 

あらためて思いますのは、クラシックの声楽家の

方は、マイクなしでもどうしてあんなに声量が

あるのでしょう、ということです。

 

ご本人そのものが、楽器なのですね。

本当に素晴らしく、聴いていて圧倒されました。

^^)

 

 

ステージにある素敵なステンドグラスの前で。

 

たくさんの方が来てくださって、私たちのコンサートを

楽しんでくださったご様子、とても嬉しく思います。

 

被災地への募金もたくさん集まったということで、

本当に皆様に感謝です。

 

わずかばかりでもお力になれれば、嬉しいです。

 

そして、いつも楽しく練習して過ごさせてくれた

メンバーのお二人に感謝です。

 

 

牛久の教会の先生をはじめ、皆々様、本当にありがとうござました!

本日来てくださった皆様にも、God bless you!

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。