チャペルコンサート(岩渕まことさん)

クリスマスシーズン、ほとんど行きたいコンサートには行けない

宿命にあるのですが、

 

今年は連日続き、というスケジュールではなく、

いい具合に埋まっていて、準備期間も十分なので、

私自身もクリスマスを楽しめる余裕があるのでした。

 

そんな折、私の行く教会に、岩渕まことさんがコンサートで

来られることになり、大変嬉しいことに、

一日付き人をさせていただきました。

 

岩渕さんは、フォークギターで弾き語りをなさるシンガーソングライターで、

CMソングなども多数手がけておられます。

もうこの道何十年のベテランでいらっしゃいます。

 

近年では、星野富弘さん(お体が不自由で、口に絵筆をくわえて

詩画を描かれる方)の詩に曲を付けて、歌っていらっしゃいます。

 

「うどんが好き、ラーメンも好き、麺類が好き、

そういうわけで、シクラメンが好き」

 

こんなおちゃめな詩も星野さんは書かれるのですね。

それをまた、ユーモアたっぷりに説明なさって、

弾き語る岩渕さんのコンサートは、笑いもたくさん。

 

小さな娘さんを天に送られた話には、

思わず皆さん、涙・・・

しんみりと聞かせていただいたり、

 

1時間半を歌い続け、話し続け、

こちらで用意した水にも手を付けない喉の強さ(!)に

脱帽でした。

 

そして、コンサートをなさりながらも、会場を見回せる

余裕がおありになって、会場の空気を調整できる凄さには、

驚くものがありました。

 

同じ弾き語りという分野で、本当に勉強させていただきました。

聴衆を引き込むことができる・・・それはテクニックではなく、

岩渕さんに備わっている「何か」であることを思います。

 

旅から旅のコンサートツアーをなさっていて、

でもご自身も、本番を楽しんでいるご様子でした。

 

大らかで、リラックスしていて、

器の大きい方なんだな、と思いました。

だから聴衆が委ねて聴くことができるのですね。

 

そして、音楽的な技術も、歌唱も、素晴らしく、

ずっと聴いていたいくらいでした。

 

私も近々、チャペルにてのコンサートをいたしますが、

岩渕さんのようにはもちろん無理としても、

今の自分なりにできることが、やれたらと思います。

 

良いコンサートを聴かせていただいて、そしてそういう貴重な働きを

なさる方の近くでご一緒に過ごさせていただいて、

 

一足早いクリスマスプレゼントをいただいた思いでした。