ホリデー前のholiday

たぶんアメリカで主に使われているのでは

ないかと思いますが、

 

ホリデーミュージック、ホリデーソング、などは

総じてクリスマスキャロルのことになります。

 

Holiday・・・・聖なる日ですものね。

普通の休暇は、vacationという方が多く

使われているようです。

 

そんなクリスマス月間の前に、

私もエネルギーを蓄えておきたく、ゆっくりと

過ごしておりました。

 

 

11月の最後の日には、都内の早稲田にあります、とある不思議な空間にて、

「ううじん」さんという女性シンガーソングライターの弾きたがりを聴きに

出かけました。

 

置いてあるオブジェが、アンティーク風でもあり、

こだわり職人さんの手作り風でもあり、

 

始まる前にほうじ茶などをいただき、

静かなその場所で、それぞれが過ごしていました。

これまでに経験ないような、ライブの雰囲気です。

 

会場は地下で、吹き抜けになっています。

音響よさそう〜。(本当によかったです。)

 

25人ぐらいでいっぱいのその場所に、

比較的お若い方が次々と集まりました。

 

美術系の方が多いのでは、と勝手に思いましたが、

スタイリッシュでもあり、ナチュラルでもあり、

色彩感が人も含めて統一されています。

 

雑誌でいうと「天然生活」という感じです。

この表現おわかりになりるかどうか・・・。

 

ううじんさんが弾くギターは、ハワイのギター職人

ジェームズ・グッタール氏の作品ということで、

是非そちらも生で聴いてみたかったのでした。

 

 

実際聴いてみて、これがギターの音?という不思議な響き、

そしてその音に溶け込んだ、ううじんさんの柔らかく素敵な声。

素晴らしかったです。

 

こんな弾き語りのサウンドがあることを知ることができて、

嬉しく思いました。

その独創性は、誰も真似できないことでしょうね。

 

ちなみに「ううじん」というのは「植える人」という

意味合いがあるそうですよ。

 

 

今年のクリスマスコンサートのために、「クリスマスを語る」要素の

曲を探していましたら、

アイルランドのキャロル "O Sing a Song of Bethlehem"に出会い、

 

やっぱりケルティッククリスマスで行きましょう〜!と

オープニンングにその新曲を飾る予定です。

 

練習していると、アイルランドで食べたオートミールクッキーが

食べたくなって、

←ザクザクと焼いたのでした。

 

家族にも好評で、あっという間になくなってしまいましたが、

現在オリジナルレシピを開発中なので、

また焼くといたしましょう♪