ゴスペルパーティー

一段と秋が深まり、雨も降ったりして肌寒い土曜日と

なりましたが、

 

木目が美しいフローリングと壁に囲まれたおうちにて、

Harp & Songコンサートが開かれました。

 

とてもご近所、これまでの中で一番近い出張コンサート

のような気がします。

 

以前、ゴスペルワークショップでお世話になった、

江戸川台合同教会の牧師先生宅にて、

プライベートなコンサートが持たれました。

 

 

 

パステル画をお描きなるという雅子夫人が

Welcome プレートをご用意くださり、

心温まるご準備に感謝です。

 

そしてハープもよく響いています!

木の香りがするお部屋ですので、

森林浴をしているような感じです。

 

皆さんもそんな気分になりながら

聴いてくださったら、嬉しいな♪

お集りくださった皆様は、皆お近くからですが、

ここで何年ぶりかで再会なさったというような

場面もあり、

 

いろいろ嬉しいことが起こっておりました。

意外に近くても、お会いできない方って

いますものね。

 

当日どなたが見えるかわからない集まりって、

サプライズがあっていいですね。

 

そんな雰囲気の中、始めさせていただきました。

今回は、盲目のハープ弾き、オキャロランの曲を

紹介しつつ、ハープの歴史のお話もさせて

いただきました。

 

紀元後500年ぐらいには、もうアイルランドの

修道士によって、弾かれていたというハープです。

 

戦地となっているアイオナ島に出向いて、

聖歌(または詩篇歌)をハープの伴奏で歌ったそうです。

 

その歴史上にいる者として、私も詩篇歌をホルストの

ジュピターに乗せて歌わせていただきました。

 

そして、最後にアンコールをいただいたので、

“Over the Rainbow"(虹の彼方へ)を。

 

普段この曲をアンコールで歌うことは滅多にないのですが、

なぜか今日はこれが浮かびました。

2番は、私が作詞した日本語の歌詞を乗せたバージョンです。

 

『虹の彼方には、夢と希望があるというけれど、

その世界は、きっと心の中にあるはず。

だから今この場所でも、輝ける。』

 

そんな内容のメッセージを送って、約50分間のコンサートを閉じました。

 

続いてティータイムもさせていただいて、

和菓子やケーキ、手作りのジャムも添えられて・・・。

 

本当に楽しい会でした。

先生ご夫妻様、たくさんのご準備をありがとうございます。

 

そして、お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました!

 

是非また皆様に、お会いできる時を楽しみにしております♫

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    坂井一富 (木曜日, 21 11月 2013 19:31)

    ありがとうございます。
    シャムロック、かわいい野の草ですね。陽光の入る書斎の窓枠に置いてみました。みかんは描いてからということで・・・まだおあずけです。

  • #2

    harp-by-kiki (金曜日, 22 11月 2013 13:36)

    坂井先生、雅子先生、先日はありがとうございました!
    まだ芽が出て間もないですが、育ててみてください。
    来年のSt. Patrick's Day(3月17日)には、立派な三つ葉ができていることを
    お祈りいたします。^^)/
    みかん、少し置いた方が甘みが出るみたいですよ。