美味しいものの記憶

少しずつ秋めいてまいりました。

 

秋風が吹くと、とたんに体調を崩すのがいつものこと。

今週はオフ週だったので、遠慮なく寝込みました。

 

実りの秋、味覚の秋が一年で一番苦手なのは、

なんとなく損をしているような気がしないでもないです。

 

そんな折、アイルランドで食べた「美味しかったもの」を

思い出していました。

 

実は、そんなにお食事を期待して行ったのではなかったのですが、

アイルランドには結構美味しいものがありまして、滞在中何度かリピートしたのでした。

 

 

こちらは、大学の学食でランチに食べた、アイリッシュ

シチューです。

お肉が柔らかくて、マッシュポテトがたくさん入っていて、

もうこれだけでお腹いっぱいになれます。

 

よく見ると、グリーンピースがたくさん入って

いたようですね。

 

これは帰ってから、ネットでレシピを調べて、

何回か作ってみました。

 

簡単ですし、冬なんかによさそうです。

 

 

こちらはシーフードチャウダーです。

 

こんなに美味しいチャウダー初めて、というくらい絶賛しました。

ドニゴールの片田舎のパブで食べたものです。

そこに滞在中二度、食べに行きました。

 

チャウダーというと、以前アメリカの西海岸で食べた

クラムチャウダーが美味しかった記憶がありますが、

それを遥かに上回る美味しさでした。

 

クラムだけでなく、エビ、サーモン、ホタテ、タラなどが

たくさん入っているんです。

 

これも帰ってから再現してみました。

レパートリーに加えられそうです。

 

 

こちらはフィッシュ&チップスです。

 

実は、こんな風に上品に盛りつけられたのを食べたのは

初めてです。

イギリスでは、新聞紙に包まれていたのでした。

 

そして、タルタルソースではなく、単にお酢をかけるのです。

最初はびっくりしましたが、だんだんそういうものだと

思うようになりましたから、

 

逆にお皿に乗っていて、フィークとナイフが出て来るのは

新鮮でした。

 

久しぶりに食べて、懐かしいやら嬉しいやらでした。

これは日本の食材で再現するのは難しいです。

 

食べたくなったらイギリスへ行った方がよさそうです。^0^

 

 

そしてこれは取っておきの、オートミールクッキー

です。

 

欲しかったのですが、スーツケースの余地がなく

断念、帰ってから、東京の大手町にあるアイルランド

専門店へ行って、買いました。

 

シャムロックの形をしているのがとても珍しいです。

 

大手町から持ち帰っただけでも少し割れてしまい

ましたから、アイルランドからだったら、もっと

ボロボロだったかも知れません。

 

 

これから練習の合間のお茶タイムに、開けるのを楽しみにして、

コンサート準備に入りたいと思います。