メトロに乗って

昨日の土曜日は、灼熱の太陽がさんさん、の一日でした。

最近の9月は、秋とは呼べない気温の高さです。

帽子と日焼け止めと・・・・。

 

海に行くわけではなく、都内の有料老人ホームへと

演奏のお仕事で出かけました。

 

都営大江戸線、何回か乗ったことがありますが、

好きな地下鉄の一つです。

 

まだできて新しい路線ですし、エレベーターがある!

これはハープ運搬者にとって、大切なことでありました。

 

日本の鉄道は、本当に素晴らしいと、海外に行くと

感じるのでした。

 

 

ロンドンでは、エレベーターのある駅は珍しく、

やっと見つけたのに動かなかった・・・

そんなこともあったような。

 

「Mind the gap!」というアナウンスが流れ、

本当にホームと車両の間が広く空いていて、

ぴょ〜んと飛ばなくてはならなく、怖いような所もあったり・・・。

 

駅に関しては、バリアフリーなぞ一体どこへ、

という感じなのですが、まぁ西欧は車社会なのですね。

 

昨日行きました所は、自宅からだいぶ距離がありますが、

快適なメトロのお陰、そして駅(牛込柳町)からとても近くでしたので、

荷物が多くても楽でした。

 

今回は音響設備を使わないので、少し音の張りとボリュームのある

ハープ(Brittany)を持参しました。

クラシカルな選曲に向いている楽器だと思います。

 

ご高齢の方の施設での演奏は、ご年配の方が聴いても楽しめる、

また口ずさめるような内容を用意しております。

 

最近は、音楽がお好きなゲストのために、とコンサートを企画してくださる

施設が増えているようです。

そんな機会に呼んでいただけて、大変光栄です。

 

土曜日でしたので、外出されている方もいらしたようですが、

たくさんの方がお集りくださいました。

 

そして、職員さんもご参加いただいて、お仕事の合間、しばしゆったりと

過ごしていただけたようで、よかったです。

 

そうなのです、非日常をお届けしたい! 

そんな思いで伺っております。^^)

 

さて、秋からクリスマスにかけて、コンサートの季節となります。

福祉施設、幼稚園・保育園、地域的な交流会やイベントなど、

また個人でのお集まりに、

 

電車でも伺っておりますので、どうぞお気軽に、

お問い合わせフォームからご相談ください。

(日帰りでの出張範囲は、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、神奈川県あたりまでとなります。)

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。