7月のコンサートを振り返る

なんだか暑いですね。

もう35度は当たり前、40度もなんの、という気温に、

さすがのハープも悲鳴を上げるため、今月は本人共々、お休みをいただいています。

 

帰国後、時差ボケとあまりの暑さに、体力の回復が遅れましたが、

3回ほど演奏の機会がありました。

 

そのうち2回は、地域で集っていらっしゃるご婦人の会や

自治会が主催でコンサートを開いてくださいました。

 

 

7月24日には、ご近所のコミュニティーセンター

にて、地域でさまざまな文化活動をなさっている

という皆様の会で、午前中に涼しげなハープ音楽を

聴いていただきました。

 

今回は、前半後半に分けて、間にたっぶり休憩を入れ

て、2時間を皆様と過ごさせていただきました。

 

ちょうどアイルランド・イギリスから帰っての

コンサートでしたので、

また、皆様も海外渡航経験が豊富でいらして、

とてもお話が弾みましたね。

 

この日は幸い、カンカン照りのような暑さではなく、

優しい皆様に囲まれて、とても和やかな会で

ありました。

 

熱心に聴いてくださった皆様のお気持ちが

嬉しかったです。

 

ご近所なので、同じ生活圏にいらっしゃる方も多く、

どこかでまたお会いするかも知れませんね。

 

あしたばの会(代表:辻野弥生様)の皆様、

本当にありがとうございました。

 

もう一つは、同じ週の週末にありました、

うちから少し離れた我孫子市の布佐という

ところで開かれました。

 

FFC(ふれあい・福祉クラブ)という、

地域で広くボランティア活動をなさっている

団体様よりのご依頼で、毎年この夏の時期

に、いろいろなアーティストの方を呼んで、

コンサートを開いて、地域交流の場を作って

いらっしゃるそうです。

 

こちらもティータイム(バリスタが入れる

本格コーヒーなどもあり)を挟み、2時間

ほど、ふれあいの楽しい場を持たせていただきました。

 

 

やはり皆様、お話も演奏もとても真剣に聴いてくださり、

嬉しい限りでした。

 

後にいろいろなご感想を寄せてくださって、皆さんが楽しいひとときを

過ごしてくださったと知って、私も喜んでおります。

いらしてくださった皆様、そしてFFCの皆様、ありがとうございました!

  

 

こうした地域やグループの交流会に呼んでいただけるのは、

本当に嬉しく思います。

交流会の目的は、皆さんが一同に集まって、

相互関係を円滑にするために持たれるのですから、

 

その潤滑油の役目の一端を担えることを

心から喜んでおります。

 

どちらの会の皆様も、そのための準備や連絡、ちらし作りなど、

当日わずかな時間のために、長くご労を取ってくださっていることを

思います。

 

そんな見えない働きをしてくださっている皆様に、また

じっくりコンサートを聴いてくださるお客様に感謝しつつ、

これからもよいコンサートを作っていけたらと思います。

 

8月は、アイルランドで学んだことの復習と

9月からの新曲の準備などをしつつ、過ごしております。

 

9月以降、秋〜冬のコンサートのご予約を承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。