旅日記<16> Harp on Sunday Service (2013. 6.30)

 

 

日本を出て旅を始めてから、三回目の日曜日。

アイルランドの教会もいろいろ訪ねましたが、日曜に

行くことはできませんでした。

 

移動日だったり、ワークショップだったり、

素敵なステンドグラスの礼拝堂を歩いたのは、すべて

平日の閑散とした時間帯でした。

 

そして、今日は、パトリックさんと晴美さんご家族と

一緒に、ウインブルドンにある Worcester Park

Baptist Churchへ行くことになりました。

 

 

昨日のコンサート&パーティーで、いろいろ

ご準備してくださった皆様がいらっしゃいました。

 

左から、KIKI、理奈さん、加奈さん、優子さん

 

♪理奈さんは、本日こちらで洗礼を受けられました。

♬加奈さんはピアニストで、ご主人さまが、ケビン・

 ジョーンズさんという、英国をはじめ国際的に

 ご活躍の素晴らしい作曲家、8月には日本でも

 リサイタルをなさいます。

♫優子さんは、「山形優子フットマン」さんと

 おっしゃるジャーナリストで、講談社から

 「なんでもアリの国イギリス、なんでもダメの

 国ニッポン」というご本を出版されています。

 

大変興味深く、面白く、タメになる本ですよ!

(帰りの飛行機で読んでいて、「なるほど!」と何度も思いました。)

 

実は今日は、とってもハードな一日です。

お昼前にはこちらを出て、ロンドンのトッテンハムコートロードにある

バプテスト教会へダッシュで向かうことになっています。

 

ハープを持ってダッシュでは行けませんので、

(本人は行くつもりでしたが)

そこへエスコートしてくださる、清水さんご夫妻が来てくださり、

 

私はただ着いて行くだけという、これまたラッキーな移動となりました。

 

こちらがそのトッテンハムコートロードにあります、

Bloomsbury Central Baptist Churchです。

 

あまりに大きくて、大変立派で、レンズに収まりませんでした。

近くには大英博物館などもある、いわゆるロンドンの中心地です。

 

この日の午後、日本語で行われる礼拝(ロンドンJCF)の中で、

ハープを弾き歌いすることになっております。

 

どこからか鐘が鳴っているのが聴こえました。

ああ、ヨーロッパの音がする、と思いました。

 

街の風景の中に、教会が溶け込んでいる、そういう写真や

絵が昔からとても好きでした。

 

今はそれが建物としてではなく、本来の意味として

理解するようになって、イギリスを再訪できたので、

格別な思いがしました。

 

今回、こちらではアイルランドの古い賛美歌や、

日本語の賛美歌(ダニーボーイのメロディ)など、

4曲を演奏いたしました。

思ったとおりの響き、石の教会ならではの音がして、

嬉しいのですが、

 

とても照明が暗いのでした。これもヨーロッパ

ならでは、かな?

(イギリスをヨーロッパと括ると、きっとイギリスの方

に嫌がられると思いますが。)

 

目をこらして、非常に弦に集中しなければならなく、

二曲目の途中、私は不覚にも、歌詞が思い出せなく

なってしまったのです。

 

普通のコンサートでしたら、正直、ごまかしていた

と思います。適当な歌詞をつけて。

 

でも、その時はそれが全くできませんでした。

礼拝という厳かな中にいて、嘘をつくようなことはできなかったのです。

 

ホント、ごめんなさい、というハプニングもありましたが、

旅のトークも入れて25分ぐらいの間、演奏いたしました。

 

たぶん染み込むように歌い込んでいたら、どんなことがあっても

忘れなかったと思いますから、

 

旅行中とはいえ、ただただ、自分の準備不足を思いました。

そのようなことも、よい教訓となりました。

 

すべて終了〜♪

この日も暑い夏日でした。

 

帰り道、ウォータールーで乗り換え時に、

時間があったので、マークス&スペンサーという

スーパーに寄っていただき、

 

旅の感謝のスモークサーモンとケーキを買いました。

(なんとなくそれが食べたくなって。)

 

ここまですべてが無事に進んで来られたこと、

元気だったこと、いろんな優しい皆さんに

会えたことを思って!

 

清水さんご夫妻様、ありがとうございました。

 

その日の夜は、パトリックさん、晴美さんと遅くまで

いろんな話をしました。

 

私の思いの中では、「是非また来たい」という気持ちがあること、

そして、「今度は他のイギリスの地域でもコンサートを」と3人で話し、

夢を膨らませました。

 

明日はロンドンでの、そしてこの旅の最終日となります。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。