海の見える街へ

先週の土曜日は、夏日の一日、そして爽やかな

一日でした。私は、初めて千葉県の木更津市で

演奏してまいりました。

 

こちらにある知的障がいの方のための施設、

「あいらいの郷」というところで、ご入居の方と

ご家族のためのハープコンサートでした。

 

先月、施設長さんからホームページをとおして、

メールをいただきました。

こちらで5月にコンサートをする演奏者を

探しておられたようです。

 

私の方も、空いていた土曜日が2つほどありました

ので、ちょうどよかったです。

 

 

 

千葉県も広いなぁと思います。

 

私が住むところはかなり内陸ですが、こうして海が

近くて潮風が吹いて来るところって、

歩いていて気持ちよいですね。

 

(これはコンサートを終え、帰りに寄った木更津港

付近です。)

 

本当は、演奏の前に、その海風に当たって、

リフレッシュしてから向かいたかったのですが、

高速が事故渋滞で、時間がなくて残念でした。

 

こちらの皆様に会うのも、とても楽しみでした。

 

お体の不自由な方がコンサートに行くことは、とても困難です。

ですので、こうして出張できるというのは、本当に嬉しく

思います。

 

選曲はどうしようかと、直前まで決めかねました。

ご老人の施設ですと、知っている曲の方が好まれるのですが、

こういった施設はどうなのか、わからなかったのでした。

 

結果、知名度ではなく、音を楽しめるよう、心地良い響きの

曲を中心に、シンプルな方向で考えました。

それは正解だったかも知れません。

 

特に歌の曲は、皆さんの気持ちの中に入りやすかったように

思いました。

最初に会場に入った時に、座席がなかったので、

これから用意されるのかと思いましたら、

全員が車椅子ということでした。

 

お若い方も、お歳を召した方もいらっしゃいます。

男性の方が多かったでしょうか。

 

立って歩いて手を動かすことは、決して普通にできて

当たり前ではないと、改めて思いました。

 

でも、その違いはあっても、いのちは等しく、

大切な一人一人であることに変わりはないです。

 

今日、そんな皆さんと時間を共有して、寄り添う

                         ことができたなら、本当に嬉しいです。

 

いろいろな世界、様々な生活があります。

わずかな時間ではありますが、こうしてお邪魔できる

ことは大変光栄に思います。

 

また皆さんにお会いできたらと思います。

 

海があり、森があり、その中に静寂があり、

木更津という街がとても素敵に思いました。

 

ところで、千葉県知事は、森田健作さんなのですが、

海と夕陽を見たら、知事のことを思い出しました!

 

確かに走り出したくなる、かも??