再びハワイアンライブへ

先週木曜の夜、市内の、とある公民館で行われた、

ハワイアンミュージックの会のみなさんのライブに

ゲスト出演してまいりました。

 

昨年秋にも呼んでいただいたので、二回目です。

実に楽しそうな、そして固定のお客様で賑わう

ライブです。

 

この日は夕方から生憎の雨でしたが、

そんな雨なんて関係ない、とばかりでした。

 

皆さんお食事しながら、

ライブを楽しんでいらっしゃいました。
(お食事付きなんですね。) 

 

ゲスト演奏は、会の真ん中ぐらいに。

 

今回は二回目なので、前回とは違って、

かなりレアな曲も披露させていただきました。

 

レバーを上げ下げする操作がふんだんに含まれた、

バロックの曲は、演奏する側にとってはスリリングでしたが、

 

なんのためにレバーが付いているのかをお見せする意味で

見る楽しみが加わっていただけたかな、と思います。

 

その他、8世紀のアイルランドの賛美歌など、

あえて馴染みの薄い曲も選んでみました。

私にとっても新鮮な選曲で、楽しかったです。

 

ハワイアンミュージックとハープとでは、

音量も趣向もノリも全く違う音楽同士ですが、

 

皆様、そこは一気に気持ちをチェンジ。

静かなハープの音に耳を傾けてくださいました。

 

その後は、フラダンサーも登場の本格的なハワイアンムード。

いいですね!

 

マウイチャイムスの皆様、お世話になりありがとうござました。

大変楽しかったです。