リースとパッフェルベルのカノン

画像提供:cafe24&Beach
画像提供:cafe24&Beach

 

何回か告知しておりましたリース展、

いよいよ明日からとなりました。

 

←このような素敵なリースがカフェの中に飾られ、

次々とお嫁入りしていくのですね。

 

普段からセンスある作品が委託販売されているカフェですが、

2月5日〜15日までは、リースが中心となります。

 

そして、その作品展コラボでの演奏曲目を

今、選曲し、練習しているところです。

 

8日に演奏で伺うまで、私は現物を見ることができませんが、

 

カフェのブログで画像をたくさん拝見しているので、

イメージはもうバッチリです。

 

 

最初に作品展での演奏が決まった時、まず頭に浮かんだのは、

「パッフェルベルのカノン」でした。

 

この曲の形式としては、「かえるの歌」などと同じような

輪唱形式となっています。

(もちろんそれよりももっと複雑ですが。)

 

カノンとリース、とても関連性があると思っています。

 

 

クリスマスにご家庭でリースを飾るお宅も多いですが、

このリースには、「永遠、平和、幸福」などを

象徴するものがあります。

 

リースの輪は、終わりもなく、始まりもない、ずっと続くことから、

 

クリスマスという特別な日、

永遠と平和をもたらすキリストの降誕の日に、

欧米では古くから、ドアに飾られていました。

 

そして、カノンという曲の形式も同様に、

延々と弾き続けることができる、コード進行(和声展開)になっています。

 

ですので、ハープでこの曲を弾く時、

小さなリースを譜面台に付けて弾いたりもしていました。

 

ドイツの作曲家、パッフェルベルのこの曲は、

静かな、とても穏やかな曲として好まれていて、

 

式典などで流されることも多いかと思います。

 

当日は膝に乗せて弾く、小さなハープが一台だけなので、

実はこういった曲はあまり弾きやすくないのですが、

 

リース展ということで、入れてみたいと思っています。

 

その他、春らしい曲や、お花やガーデンをテーマにした曲なども

着々と準備中です。

 

8日は、私もとても楽しみにしています。

カフェでお会いいたしましょう♪

 

当日は、こちらの小さなハープを持って参ります。お楽しみに!
当日は、こちらの小さなハープを持って参ります。お楽しみに!

 

春待ちリース展 at cafe24&Beach(千葉県野田市)2/5〜15

 

 ♪ミニハープによるランチタイムBGM演奏♪

2月8日(金)12時〜13時頃の間に2ステージ

       (各20分ずつ)を予定。

チャージ無し、要ランチのご予約  Tel: 04(7136)7464

残席わずかですので、まだご予約されていない方は、カフェにお問い合わせください。

 

 

  *期間中の商品の売り上げの一部は、東日本大震災の

   チャリティー募金となります。

 

  *演奏の時間は、ご予約の関係で、多少前後する場合が

   ありますが、ご了承ください。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。