2012年の弾き納め

カバーされたハープの上でリラックス(ぐったり)しているのは、

オーストラリアお土産のコアラ。

 

いつもこれを見るたびに、コアラはいいなぁと思って

おりましたが、今年の演奏を全て終えた今、

このコアラに自らを投影しております。

 

ハープの演奏は、演奏自体よりも、楽器の搬出・搬入で使う

エネルギーの方が圧倒的に多いです。

 

弾いた〜と同時に、運んだ〜という一年でした。

 

でも、今年は、小さいハープ2台が大活躍の年だったので、

例年より楽な時もありました。

 

来年も、このハープたちのための曲をもっと作りたいと

思っています。

 

そして、出かけて行く距離も延ばしたいと思っています。

来年に向けての選曲も、このお休みに始める予定です。

 

 

 

先日のカフェでのアンサンブルコンサートに

お越しくださった、フォトグラファーのjuno*さんから

写真が届きました。

 

オフにも関わらずカメラ持参というありがたさ。

(本当にありがとうございます!)

 

juno*さんのお席からはあまり身動きも取れず、だったので、

お休み時間にポーズを取らせていただきました。

 

まだ記憶に新しいですが、

KIKIがプロデュースもさせていただいた、大きなイベントの

一つでありました。

 

最後に皆さんと歌った「もろびとこぞりて」は

とても盛り上がって、嬉しさと安堵で閉じたエンディングでした。

 

また来年も、クリスマスの時期はいろいろ計画したいです。

 

今年は23日〜28日までずっと演奏が続いていたので、

個人的には、チキンやケーキを焼いたりのクリスマスは

ありませんでした。

 

でも、それは後からでも、いつでもいいことなのです。

皆さんのクリスマスに音楽を添えられれば、本望なのであります。

 

最後に、演奏が終わってから行った、東京駅前の幻想的な夜景を

お届けいたします。

 

数日遅れの、素敵なクリスマスチックな模様でした。