イギリスに思いを寄せ・・・完成記念ランチ会

 

 

 

先日、無事CDも発売され、コンサートも終わり、

連休の初日に、「Gentle Breeze完成記念ランチ」

を行いました。

 

参加者は、ジャケット撮影、カバーデザイン担当の

juno*さん。(「Links」をご参照ください。)

撮影時のナビゲーター、juno*さんの旦那様。

音響エンジニア担当の私の夫、山田健治。

そして、パフォーマー&プロデューサーの

KIKIこと、私の4名です。

 

 

 

待ちに待ったこの日でした。

この日を夢見て、私は暑い時期のレコーディングを乗り越えてまいりました。

いえ、私だけでなく、この制作に関わった方は皆さん、

夏の間、それぞれに籠っていたんです。

 

そして、季節が変わり、今や秋となり、実りの秋、収穫の時となったのです!

 

会場はどこにしましょうか〜?とjuno*さんと相談し、

「この際、イギリス三昧しましょう」ということで、

迷わず選んだのは、つくば市にあります、

「アリスの茶屋」でした。

 

前に一度行ったことがありましたが、いつか

また行きたい行きたい、と思っていた

イギリス風のカフェです。

 

juno*さんご夫妻も、こちらはお久しぶりということでした。

 

 

juno*さんとは、その昔、全く同じ時期にイギリスの小さな街に偶然滞在し、

どうやらその街中で、すれ違っていたというお話をいたしましたが、

(前回のdiaryをご参照ください。)

 

本日はそれぞれに写真などを持ち寄り、イギリス話に花を咲かせました。

 

ランチの後のデザート、この3段が英国っぽいのです。
ランチの後のデザート、この3段が英国っぽいのです。

昨夜はお見せするものをいろいろ探したり、

写真を選んだり、久しぶりに昔のアルバムを広げました。

 

地図や市のガイド冊子、ゴソゴソと出て来ました。

家でもしばし、ノスタルジックに浸りました。

 

一枚、私が好きだったLavenhamという小さな小さな町で

撮った写真を持って行きました。

 

家からはだいぶ離れた場所でしたが、

色とりどりの家並み、すべてハーフティンバードという

木組みの家が並ぶ、静かな町です。

 

そして、なんとjuno*さんも同じ場所の写真を持っていらして、

皆で検証したところ、家のフラワーボックスの花が同じもの!

これは同じ季節、同じ頃のものに違いありません。

 

いずれにしても、同じ季節の同じ空気をとても近い場所で

吸っていたということになります。

またまたすごいお話でした。

 

今回こうして一つの作品を作るにあたり、

juno*さんにはたくさんのご協力をいただき

ました。

 

そして、全く違う道のりの上を歩きつつも、

ピンポイントで一致していた場所や時間があり、

 

同じ空気感を持っていたことで、作品を作る上で、

言葉以上の伝達ができていたと思っています。

 

ひとつのプロジェクトが完成いたしましたので、

それぞれに次に向かって行っています。

そして、また何かのコラボができたらと

願っております。

 

締めは、スコーンとクリームとジャムのデザートにミルクティ。

昔日曜日に田舎道を散歩して、ふと見つけたティールームで一息ついた

アフタヌーンティーセットを思い出します。

 

そんなほっとする音楽をこれからも奏でていきたい、作っていきたいと思いました。

 

「Gentle Breeze」絶賛発売中です。

皆様、どうぞよろしくお願いします。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。