My Sdudio

我が家の二階に、小さな音楽スタジオがあります。

 

10年以上前に、YAMAHAのアビテックス(防音室)を

買おうかどうしようか、迷った末やめて、それを真似て、

一部屋をスタジオにしました。

 

一応冷暖房完備、狭いながらもお茶なんかもできる

なかなかよい場所です。

 

もともとハープは、そんなに大きな音ではありませんので、

近所迷惑にはなりませんが、ここでしたら夜中でも

気兼ねなく弾けます。

 

でも、あまり長くいると、ものすごく閉塞感を感じるので、

適度に出るようにしています。

 

かえって、その方がメリハリがついてよいかも知れません。

そしてじっくりと楽器に向かうことができます。

 

 

アイリッシュハープは音が繊細なので、よく耳を澄まして聞きながら、

弾かなければなりません。

雑音を嫌うのです。

 

そんなわけで、このスタジオは、愛鳥キョロ(オカメインコ)からも逃れられて

一人音に耳を傾ける時にうってつけです。

 

そうでない時は、できるだけ広い場所で、音を拡散させながら弾いています。

楽器の練習には、どちらも必要なことと思っています。

 

 

スタジオ内は防音のため、窓は段ボールで塞いでいますが、

北側は林なので、そちらはカーテンだけにしています。

↑その窓からの眺めです。

 

これ、全部スギ林です。

花粉症の方が見たら、もうくしゃみが止まりませんね。

 

私も少しアレルギーがありますが、今の季節のスギは緑色がきれいです。

そして、カッコウやウグイスの良いお宿のようです。

 

ちょっとしたリゾート気分になれます。

 

*************************************

 

これから夏のコンサートへと、準備に入ります。

今日も楽譜を並べて、このスタジオに籠っていました。

 

私のコンサートでは、内容が同じものはありません。

行く先々に合わせて、プログラムを考えるようにしています。

 

担当の方のお話を参考にしたり、HPを拝見して雰囲気を掴んだりして、

その場所でのベストな流れを考えます。

 

たまにチラシなどに書くために、演奏予定曲目をお知らせください、と

言われることがありますが、

 

そのとおりになった試しがありません。(本当にすみません!!)

 

しっくり行くまで考えると、前日にでも曲目を変更することがあります。

そして、一曲変えると、さらに変える必要が出てしまうことも・・・。

 

でも、最終的には、いつも納得してコンサートに臨めています。

 

このスタジオでは、そんな考え事もする場所になっています。

今日は、KIKI's Music Factoryのご紹介でした。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。