創作月間

目に麗しい緑の季節、5月となりました。

ようやく冬物の衣類が片付けられそうです。

 

そんな良い季節ではありますが、    

連休の前から、アレンジ(編曲)と作曲に入っておりました。

こうなると、ほぼ自宅でのデスクワークとなります。

 

私はハープを4台所有していますので、  

一つ一つのハープによって、作る曲を分けています。

 

4人の娘にお手製の洋服を作る、といった感じでしょうか。

(イメージ先行なので、多少えこひいきがあるのは仕方ないですね。)

 

今回は、新しい曲を2曲ほど作りました。

 

一つは、小さい膝に乗せるハープのための曲で、

キラキラとした光をモチーフにした、朝をイメージした曲です。

 

もう一つは、大型のクロスハープのために。

その日一日を思い巡らす、お休み前のひとときに合いそうな曲です。

 

この2つは、コンサートでいえば、オープニングとエンディングの曲になりそうです。

最初と最後というのは、やはり大切です。

 

オリジナル曲は、実はご高齢の施設などでは、滅多に演奏いたしません。

知らない曲を聴く、というのは、たまにストレスになってしまう場合があるからです。

 

そういった場所では、昔懐かしい曲だったり、どなたにも聴き覚えのある曲に限ります。

奏者と聴衆の間で、それを分かち合うことが目的だからです。

 

逆にオリジナル曲というのは、完全にこちら側からの投げかけになります。

どのように聴いていただいて、イメージしていただいても構いません、

と、聴き手にゆだねることになります。

 

ものすごい冒険です。

 

でも、そんな冒険をこれから少しづつ、していくことにしました。

今月は、そのための創作期間となります。

 

昨年は今頃、「まだまだ春」と題するコンサートをやっていましたが、

今年はそのために、少し早めに春シリーズを終えたのです。

 

この緑の美しい季節・・・ではありますが、室内に籠ることになりそうです。

(今日あたりは雨なので、ちょうどよいですが。)

 

煮詰まったら・・・・カフェへ、ショッピングへと、繰り出したり、

お天気の良い日は、帽子とハープを持って、外に出ようと思います。

 

5月の風の音をバックに、新しい曲が生まれることを期待しつつ・・・。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。