春のコンサートシリーズ

Informationにも告知を載せていましたが、

昨日は、ディズニーランドの近く、

浦安にあります、グッドタイムリビング新浦安様にて、

ハープコンサートをしてまいりました。

 

しばらくディズニーランドにも行っていませんし、

浦安に来るのは、本当に何年ぶりかしら、

というくらいのご無沙汰でした。

 

マンションがい〜っばい立ち並んでいまして、

なんとなくリゾートの雰囲気であります。

 

ちょっと場所がわかりずらかったのですが、

やっと発見して、無事に楽器を搬入しました。

 

エントランスなどは、リゾートホテルのような素敵さです。

 

普段、こういった場所では、そちらにお住まいの限られた方のみが

聴けるものでありますが、今回は、一般の方にもお入りいただける

オープンなコンサートでした。

 

寒かった冬の終わりを告げるように、ようやく暖かい陽が差し込んだ

日曜の昼下がり、レストランの中に、ハープの音が響き渡りました。

 

アイリッシュハープ、初めて見ました、聴きました、という方がほとんどです。

 

今回は、春の訪れを喜ぶ曲を選んでの、コンサートシリーズですが、

自作のアレンジで一番気に入っておりますのは、

「おぼろ月夜」です。

 

♪菜の花畑に入り陽薄れ、見渡す山の端、霞深し。

 

水彩画を見ているかのように、美しい風景が感じられる日本語です。

メロディもハープにとてもよく合うのです。

 

アレンジは現代風に仕上げて、

歌詞がきれいに乗るようにしました。

一緒に口ずさんでいる方がとても多かったです。

 

今回もいろいろ、初チャレンジになる選曲がありましたが、

複雑なコード進行にも対応できるクロスストラングハープでの弾き語り、

「星に願いを」もその一つでした。

 

先日の「Singer, Kyoro(3/8付Diary)」でご紹介の

声楽家Eさんご指導のお陰あって、熱唱いたしました!

(Eさん、ありがとうございます!!)

 

その他、よく安眠できるようにと、

最後に演奏しましたのは、「ブラームスの子守歌」です。

 

心地良い気持ちが夜まで持続していただけたら、嬉しいです。

 

コンサートが終わってから、歩行器につかまりながら聴きに来てくださったご婦人に、

 

「とても良い時間を過ごさせていただきました。どうぞ是非また来てください。」

 

という感想をいただいて、本当に励みになりました。

ありがとうございます。

 

外の空気は、まだひんやりしていましたが、

海の香りがしてきそうな街、浦安でした。

 

震災の時は、いろいろ大変だったことと思います。

でも、お元気そうな皆様に会えて、嬉しい一日、

そして楽しいプチ演奏旅行でした。

 

今回は2種類のハープを持参、その違いなどを説明しております。
今回は2種類のハープを持参、その違いなどを説明しております。
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。