Singer, Kyoro

この11年、うちに暮らしております、

オカメインコです。

 

♂ キョロちゃん

担当楽器:ヴォーカル(歌♪)

好物:焼きたてパン、もしくは高級パン

怖いもの:地震、猫

 

インコといっても、オウムに近い感じの鳥で、

あまり飛ばずに、家の中を歩いています。

 

籠の中に入るのは、寝るときだけで、

普段は放し飼いです。

 

 

 

一応本人も、ミュージシャンのつもりです。

いえ、なかなかの美声です。

 

高い音が好きで、アイリッシュハープの高音域を弾くと、

喜んで一緒に歌います。

 

その他、ソプラノの声、笛なんかも大好きです。

 

本日は、声楽家のEさんをお迎えして、ハープとの合わせをしました。

ドイツ歌曲がご専門で、ドイツ語での素敵なソプラノをお聞かせくださいました。

 

キョロちゃん、大喜びで参加です。

またEさんも、「あら〜、お上手ねぇ〜」などと褒めるものですから、

それはそれはご機嫌、絶好調です。

 

確かに、こんなに小さな鳥なのに、本当に良く響く声。

時折耳が痛くなるくらいです。

 

Eさん曰く、体全体で共鳴しているから、とのこと。

人間も、体を筒のようにして響かせるのが、声楽の基本だそうです。

 

以前ある演奏家が、「どの楽器を弾く人が一番すごいかと聞かれたら、

人間の声に勝る楽器はない、と答えます。」と言っていました。

 

声楽家の方は、フルオーケストラをバックに

マイクなしですから、本当にすごいと思います。

 

素敵な歌を披露してくださったEさんに、

少し私の持ち曲のレッスンをしていただきました。

 

面白いですよ。

片足を上げたり、ボールを蹴るようなことをしたりして

歌ってみて、と言うのです。

腹筋を自然と使えるように、ということです。

 

歌の世界、あきらかに体育会系ですね。

わたくし、少々筋肉痛・・・。

 

それと、日常をミュージカルで過ごしているんじゃないかと思うくらい、

家事をやるにも、なににつけても歌っていらっしゃるようです。
(鼻歌とかではなくて。) 

 

だからなのか、声楽家の方って明るくて朗らかな方が多いですね。

そんな毎日って、なんだか楽しそうです。

 

Eさん最後に、「キョロちゃんの真似をすればいいのよ。この子いい先生だわ。」

と言ってお帰りになりました。

 

この聞き分けのない鳥さんが、先生ですかぁ・・・?

でもそう思って見ると、少しキョロちゃんが偉く見えたりして。

 

これまで練習のたびに、邪魔をされていたと思っていましたが、

そうか、キョロちゃんは指導していたってわけですね。

 

11才というのは、もう結構なお歳だと思うのですが、

まだまだ元気、現役singerです。

 

中には25才ぐらいまで、元気なオカメインコもいるようですから、

キョロちゃんもがんばって歌い続けてほしいです。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。