愛がいっぱい♡バレンタインチャリティーコンサート

ズラリと並ぶ委託作家の皆様の素敵な作品です。
ズラリと並ぶ委託作家の皆様の素敵な作品です。

本日、バレンタインデーとなりました。

 

千葉県野田市の素敵なカフェ、cafe24&Beach

さんで、震災のチャリティーとして、ハープの

ソロコンサートをして参りました。

 

この日のために、カフェのオーナー様、スタッフの

皆様、委託作家の皆様、そして演奏者のKIKIと、

一つとなり力を合わせてまいりました。

 

インフルエンザが猛威をふるう中、体調に最大限の

注意を払って、臨んだ一日でした。

 

お陰様で、元気に向かうことができました。

 

 

 

 

 

お席は早くから「満員御礼」で、今日はスタッフの

皆様も増員されて、朝早くからお食事の準備で大忙

しでしたね。

とても美味しそうな香りが漂っていました。

 

私も早めに到着して、ひととおりのリハーサルを

させていただきました。

今日はあいにくの雨空でしたが、音響はばっちり

です。

 

そして、11時にオープン。

皆様、楽しみにして来てくださいました。

 

演奏は、12時からと13時からの二回です。

 

 

今回のプログラムは、練習期間に、たくさんの変更がありました。

進めていくうちに、最初に組んだ曲よりももっと、相応しい曲がどんどん出てくるのです。

 

しっくりいくまで、納得いくまで、プログラムを組み直しました。

そして、本日演奏した曲は、以下のとおりです。

 

 

第一部(バレンタインに寄せて〜恋の歌)

 

① 赤いスイートピー(松田聖子)/松任谷由実・KIKI編

② サリーガーデン/アイルランド伝承曲

③ アニーローリー変奏曲/スコットランド伝承曲

④ スカボロフェア/イングランド伝承曲

⑤ The Water is Wide/スコットランド伝承曲

 

第二部(祈りと希望をテーマに、東北の皆様への思いとともに)

 

① アメージンググレース/KIKI編

② ゆりかご/KIKIオリジナル曲

③ Heal the World(マイケル・ジャクソン)/KIKI編

④ ひとつの空、ひとつの♡/KIKIオリジナル曲

⑤ 春よこい(童謡)

⑥ Nearer my Got, to Thee(映画『タイタニック』より)

 

 

一部では、いろいろな恋の歌を選びました。

 

「春いろの汽車に乗って・・・」のメロディーが浮かんで、オープニングは

なんと松田聖子をアレンジしてみました。

KIKIとしては、とても珍しい選曲です。懐かし〜い。

 

続くケルト民謡は、すべて恋の歌。

300年も400年も前の曲ばかりですが、古さを感じさせません。

アイリッシュハープらしい曲です。

 

 

そして、第二部では本題に入りまして、

 

チャリティーにご賛同くださった皆様と、東北地方への思いを

重ね合わせられるように、プログラムしてみました。

 

祈りをテーマに、「アメージンググレース」で二部を開始しまして、

 

まだ仮設住宅にいらして不自由をなさっている方々が、一日も早く

安らいだ眠りを得られますように、という思いで選んだ、KIKIのオリジナル曲「ゆりかご」

 

マイケル・ジャクソンの「愛をもって、皆でこの世界をよい場所にしようよ。」という

呼びかけに応答したい気持ちで選んだ「Heal the World」

 

この空をとおして、私たちの思いが東北の皆さんに届きますように、と

つい先日作曲したオリジナル曲、「ひとつの空、ひとつの♡」

 

東北の皆さんが、本当に春という季節を心から楽しむことができますように、と

願って選んだ童謡「春よこい」

 

最後は、映画「タイタニック」の中で、沈みゆく船の中で、雇われ楽士のヴァイオリニストが

静かに弾いた賛美歌「Nearer my God, to Thee」

 

これはパニックの船の中、誰も聴いていないであろうその音楽を

自分の使命として最後までやり遂げているヴァイオリニストの姿に、

私自身もそうでありたいと思う気持ちと、

 

一人一人ができることは、小さなことなのかも知れないけれど、

その小さなことを大切にしたいという思い。

 

こうして皆さんと力を合わせられたこと、一緒に東北へ心を向けられたことを

感謝して、ハープでこの曲を弾いて、このコンサートを閉じました。

 

会場の空気が一つとなれた、そんな温かい、やさしい空間の中で、

演奏することができて、本当に幸せでした。

 

来てくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

そして、cafe24&Beachの朋子さん、スタッフの皆様と委託作家のお一人お一人、

素晴らしい機会を持てましたことを感謝いたします。

(本日の様子は、カフェのブログでもレポートしてくださっています。)

 

このような時間を皆さんと過ごせて、とても素敵な一日でした。   

皆さんの心の中に、赤いスイートピーを咲かせてお帰りくださったら、嬉しいです。 By KIKI
皆さんの心の中に、赤いスイートピーを咲かせてお帰りくださったら、嬉しいです。 By KIKI
コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    G-clef (火曜日, 14 2月 2012 21:27)

    素晴らしいコンサート、本当にありがとうございました。
    楽器もKikiさんも、とってもチャーミングで素敵でした。
    木村弓さん、名前を忘れましたが、長野県出身の若い演奏家の演奏を、テレビを通して聞いたことがあります。
    でも今日生演奏を聴くことができて、感動しました。
    「ひとつの空、ひとつハート」素晴らしかったです!
    今日は目を閉じてきかせていただきました。☆になって空にいる夫が、ハートを抱えて北へ運んでいるような気がしました。
    東北地方に毎月出張していた為、道案内は僕に任せてと・・・。本当に素敵な曲でした。涙が滲んできました。

    素晴らしい一時をありがとうございました。
    機会がありましたら、周りのもっと大勢の人たちに聴かせていただけたら、と思います。

  • #2

    harp-by-kiki (水曜日, 15 2月 2012 08:18)

    G-clefさま、本当にありがとうございます! 
    お会いできまして、嬉しかったです。

    いろいろな大切な思いを重ねて聴いてくださって、大変感謝に思います。
    私も、皆さんの気持ちと共に演奏できて、素敵なお時間をいただきました。

    「ひとつの空、ひとつの♡」は、まだこれからも演奏していきたいと思います。
    またお会いできますことを楽しみにしております。
    お友達の皆さまにもよろしくお伝えください。

  • #3

    Rinomaの ryoです(^^) (水曜日, 15 2月 2012 16:40)

    昨日は素敵な時間を本当にありがとうございました。
    演奏と歌・お話・お衣装がまさにKIKIさんの世界でした。

    以前からKIKIさんの演奏を聴きたいな~と思っておりましたし
    生のハープの音を聴くのも初めてでしたので
    あっという間に時間が過ぎてしまいました。

    KIKIさんがおっしゃっていた通り
    あのcafe24のスペースはとっても合っていましたね。
    ぜひ行きたいなと思っていた場所でのKIKIさんの演奏だなんて
    本当に嬉しい機会でした。

    特にオリジナルの曲は直接心に届く旋律とアレンジで素敵でした。

    そして、歌声・・・。
    ハープの低音が特に好きだな~と思いながら聴いていたところに
    KIKIさんの声が重なり、そのハーモニーと演奏と歌の量のバランスも
    とっても素晴らしいと感じました。

    そしてそれがチャリティーで行われたことにも
    KIKIさんのお人柄が伺えて心があたたかくなりました。

    お話させていただきましたように今の状況では
    なかなか直接コンサートに行けるチャンスはないかもしれませんが
    注目し心から応援しています・・・。




  • #4

    harp-by-kiki (水曜日, 15 2月 2012 18:45)

    Rinomaのryoさま、nonさま、お忙しい中お時間を作っていらしてくださって、本当にありがとうございました。
    カフェのファンの皆様に囲まれて、お友達がたくさんいるような雰囲気の中で演奏させていただいて、すごくat homeでした。
    Rinomaさんのお二人も、楽しい時間を過ごされたと聞いて、大変喜んでおります。

    こうしてご声援くださる皆様がいらっしゃるのは、KIKIも大変心強いです。いつも本当にありがとうございます。
    RinomaさんのHPにも、また訪問させていただきますね。
    またお会いできますことを楽しみにしております。