イギリスのカントリーダンス

何度も書いてしまいますが、今年の冬は寒いですね。

新たな暖房器具、2つも増やしてしまいました。

 

練習も、本当はストーブの前でやりたいくらいですが、

ハープが大変なことになるので、それも出来ず・・・。

 

1月のコンサートでちょこっとご紹介しようと思っているのが、

イギリスの17世紀のカントリーダンス曲です。

 

”To Drive the Cold Winter Away”という題名で、

『寒い冬を吹き飛ばすには』とでも訳しましょうか。

 

イギリスは一年を通しての気温の変化が、それほど厳しくないですが、

今ほど暖房がしっかりしていなかった17世紀は、

それなりに寒かったことでしょう。

 

その寒さを吹き飛ばすには・・・・・踊っていたようです。

 

表題の「カントリーダンス」とは、田舎の素朴な踊り、ではありません。

17世紀のイギリスの、セレブな人たちが、さらにセレブな方のお屋敷に集まって、

大勢でダンスをするのです。

 

貴族の館ですから、ダンス場として使われていたお部屋は、

恐らく体育館のような広さなのでしょう。ああ、寒そう。

 

クラシック音楽も、こうしたダンスから派生したリズムが多いので、

当時、相当盛んだったことが伺われます。

 

数年前に、バロックダンス講習会というものに参加してみたことがあります。

思ったほど簡単ではなく、頭使いました。

それと、運動神経もある程度ないと、この仲間には入れそうにありません。

 

その当時、ダンシングマスターと呼ばれる、ダンスの先生がいらしたようです。

その先生が、ステップを細かく図解して書いた本が、出版されているんです。

 

セレブな紳士・淑女は、一生懸命それを見ながら、練習したのでしょうね。

今のようにDVDもありませんから、結構大変だったのでは、と思います。

 

このカントリーダンスの曲は、私自身、原曲を聴いたことがありませんので、

全くの想像でやるしかないのですが、体が暖まる程度のテンポはどのくらい?

と、ちょっとこだわってみたりしました。

 

今日は一日、家に籠って、練習をしていましたが、

どんよりとした曇り空が、なんとなくイギリスの冬みたいでした。

ハープの音も、寒いと緊張感があって、実はいい響きなんです。

 

冬の曲と春を待ち望む曲などを用意して、

今週から2012年のお届け開始です。

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    juno* (木曜日, 01 11月 2012 19:53)

    こんにちは。
    今年の1月に、この曲の記事を書かれていたのですね!
    この曲に出会ったのは、イギリスへ行くよりも更に2年程
    前のこと・・・随分前になります。

    貴族の館でダンス・・・そういうところから生まれた音楽
    なのですね。
    『寒い冬を吹き飛ばすには』
    というタイトル、そのものズバリですね。
    寒い時に、この曲を流してひとり踊ってみようかしら(笑)

    ところで、私はずっと勘違いをしていて、
    タイトルの意味は、ぼんやりとですが、
    ”一面雪で覆われた白い道路を、車で走り去る・・・”
    みたいな情景を常に描いていました。
    車もまだない頃ですよね。
    Horslipsの演奏はスピード感があって、
    まさにそういう感じなんですよ(私の中では)。

  • #2

    harp-by-kiki (木曜日, 01 11月 2012 20:26)

    は〜い、junoさん。なんだかこんなレアな曲を知っている方がいて、
    それがjunoさんだなんて、本当に不思議。

    カントリーダンス音楽として使われていたので、
    あのようなタイトルに訳しましたが、それ以前の15世紀ぐらいには、
    イギリスのクリスマスキャロルとして歌われていた曲みたいですよ。
    (実は最近、その歌詞入りの楽譜を発見しました。)
    言葉が古い英語でわかりにくいです。今度お見せしますね。