シーズン到来

早くも12月、アドベントの2週目に入りました。

ここからは、あっという間に年末へまっしぐらですね。

 

←ところでこちらの写真、ミャンマー(ビルマ)の竪琴です。本物です。

話には聞いていましたが、初めて見ました。

 

私が先月から演奏しに行っている、ある施設で見かけました。

施設長さんが、民族楽器をお好きなのだそうです。

 

その縁あって、アイリッシュハープ演奏を導入となったのでしょう。なんとも素敵な出会い。

 

このミャンマーのハープの弦の数は16本でした。

調弦していないのでわからないのですが、きっと音階が違うと思います。

どんな音楽が奏でられるのかしら、と大変興味深いです。

 

今はオブジェとして飾られていますが、こちらにはこれから定期的に行くので、

いつか弾けたらいいですね。

 

さて、12月。たくさんのキャロルに囲まれる季節となりました。

先月より練習している編曲もので、「もろびとコーラス」という

曲を気に入っています。

 

ヘンデル作曲の『メサイア』の中から「ハレルヤコーラス」と「もろびとこぞりて」が

ミックスされていて、とても華やかな感じです。

盛り上がるので、コンサートの中盤あたりによいかも知れません。

 

今月は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツのキャロルを集めて、

「世界のクリスマスキャロル」と題するコンサートをすることにしました。

 

日本にもキャロルがあったらいいのに、と思うのですが、

残念ながら見当たらないですね。

 

でも一つだけ、キャロルではないですが、クリスマスを代表する曲が日本にもありますよ。

それは、山下達郎の「クリスマス・イブ」です。

 

♪きっと君は来ない。一人きりのクリスマス・イブ

おお、サイレントナイト、ホーリーナイト♪

 

という、JR東海のCMで使われた曲です。 懐かしい。

 

今までハープでこれを弾いたことはありませんでしたが、今年は入れました。

(レストランバージョンのみですが。)

 

30年近くも繰り返し流されて、聴かれる曲というのは、興行的にすごいと思います。

ある意味敬意を持って、弾かせていただこうと思っています。

 

その他、あれもこれも・・・選曲に迷うのが12月です。

これは実に楽しい悩み。

 

コカリナも好調です♫

牧歌的なイギリスのキャロルに使う予定であります。

 

まだまだ追加したり、チェンジしたり、

行く先々で変わるかも知れません。

 

寒くなってきますので、あとは体調整えて過ごすことも、大きな課題です。

サンタクロースの気持ちがよ〜くわかるのも、この季節です。(^^)

みんな気合いが入っているんです。

 

生姜入りのフレーバーティーを飲んだり、ユーカリのオイルを入れてディフューザーしたり、

一生懸命風邪を予防しています。

 

体力勝負となりますが、クリスマスまで頑張ってまいりますっ。

 

 

こんな素敵な看板の前で弾かせていただいてます。感謝!
こんな素敵な看板の前で弾かせていただいてます。感謝!
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。