9月からの予定

学生ではありませんが、9月となると、やはり新学期気分になって、

気持ちも新たにされます。

 

そして、今月はちょっと忙しくなりそうです。

実は、来週日曜から5週連続で、プログラムが全部違う( ! )コンサートが続きます。

 

クロスストラングハープを使ってのリコーダーとのデュオ。

アイリッシュハープのソロ。

アイリッシュハープとティンホイッスル(アイルランドの縦笛)のデュオ。

 

いくつか並行して進めるので、譜面台の上に楽譜が溢れております。

 

打ち合わせ等も同時進行で、企画担当者の方とはメール連絡が多いですので、

パソコンの前に座っている時間が、どうしても長くなります。

頭がこんがらがりそう・・・。

 

でも、ユニットによって選曲も違いますから、バラエティに富んでいて、

練習していても楽しいです。

バロックあり、ポップスあり、唱歌あり、アイリッシュトラッドあり・・・。

 

こうして本番が続きますと、風邪も引けないため、ついストイックな生活に

なりますが、それもつまらないですので、

一昨日は渋谷のアイリッシュパブに、ケルト音楽の演奏を聴きに行ってまいりました。

 

フィドル(ヴァイオリン)とアイリッシュハープのデュオでした。

店内は人がい〜っぱい。

ジンジャエールとフィッシュ&チップスをいただきながら、

ライブを聴くことにしました。

(これってイギリスのメニューなんですが・・・まいっか。)

 

聴きに来ている人と、飲みに、食べに来ている人と、はっきり別れていましたね。

ですので、話し声の大きいこと。

演奏者の方は、音量調節に苦労なさっていました。(PAを使用です。)

 

ちらほら外国の方もいらして、アイルランドのパブさながらの良い雰囲気です。

私はハープの近くに座って、マイクの使い方など、いろいろ参考にさせていただきました。

 

アイリッシュチューンは、テーマが短いですが、その後延々とバリエーションを

演奏するので、結構一曲が長いのです。

自由で即興的な楽しさがあります。

 

演奏者の方も、ギネスビール(アイルランドのビール)を飲みながら・・・。

なるほど、このように陽気な気分で演奏するわけですな。

やっぱり形から入らないとね。(これは真似できないですが・・・。)

 

私は決してアイリッシュ専門のハーパー(アイルランドでいうハープ弾き)では

ありませんが、広くこのような音楽も取り入れていきたいです。

 

今日行ったこちらでは、音楽と食事と会話と・・・よい具合で空間が融合されていました。

どこであっても、こういう空気の一致を目指した演奏がしたいです。

 

外は台風の雨でした。

だいぶ大型だと言われていて、帰りが心配でしたので、

ファーストステージだけで帰ることにしました。

 

帰りの電車の中、ずっと頭の中をアイリッシュチューンが巡っていました。

来週からの目まぐるしい日々に備えて、よいリフレッシュができた夜でした。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。