夏休みとなりました

全国的に夏休みに突入していますね。

私も、休養と練習と後期の内容を練るため、

お休みに入っています。

 

7月は、Shamrock月間という感じで過ごしておりました。

 

ライブハウス出演の後、神奈川の方での出張コンサートと

続きましたが、ソロと違って、パートナーがいると

孤独感がなく、楽しいですね。

遠くてもお出かけ気分で、足取りも軽やかです。

 

今回は、ライブでやった曲の中から6曲を選び、

さらに6曲をプラスして、またまた小さなハープ(Brittany)が

旅のお伴でした。

 

そして、本格的なクラシック曲も入れたくて、志保さんに、

ヘンデルの”オンブラ・マイ・フ”を歌ってもらいました。

 

 

本来伴奏はオーケストラなるこの曲を、3オクターブの小さなハープでやるのは、

かなり無理がありました。

省略してはいけない音は残し、最低限の和音を組み合わせるというエコ感覚、

それでいて、あのヘンデル・サウンドを出さなければなりません。

 

でも、ソプラノの美しい声に、皆さん聞き惚れてくださったので、No problemです。

 

本当はこの曲、メゾソプラノ向きだそうです。

志保さんは、コロラトォーラソプラノ(ソプラノよりもさらに上!)なので、

ちょっと音域的には低かったようです。

でも、快く歌ってくれて、ありがとう! とても素敵でしたよ。

 

その他、ロンドンデリーなど、前にLily of the Valleyでやったことのある曲に、

アルトのハモリを付けて、雰囲気を変えてみました。

 

Shamrockのリニューアル後、私は本当にデュエットが楽しくなりまして、

今回は調子に乗って、12曲中9曲もデュエットさせていただいたのでした。

 

弾きながらだと歌詞は見られないので、一応覚えたつもりでしたが、

今回は準備期間が短かく、まだ自分自身に歌詞が染み込んでいなくて、

ムニャムニャというところもあったかも???

歌は志保さんに頼りまくりでした。

 

それでも事なきを得て、コンサートを終了。

私の前期の活動も、このShamrockを最後に、休暇となりました。

 

休暇とはいえ、宿題がたくさんなのです。

まずは、5月に個人輸入した、クロマティック(半音弦付き)ハープの習得です。

まだこれから本腰を入れて取り組むところです。

 

という段階ですのに、9月にある場所でデビューが決まっているので、

ちょっと忙しい夏休みとなりそうです。

 

秋に向けての新曲の練習とその編曲も、この夏休みにかかっています。

また後期、皆様にお会いできますことを楽しみに、がんばろうと思います。

 

今日ここまでご支援くださった皆様、ありがとうございます。

ひとまず、Have a nice summer vacation!

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。