7月のライブ

これから暑さが本格化しそうな7月に、ついに突入です。

でも、梅雨明けはまだまだ先なのでしょう。

近頃は亜熱帯のような蒸し暑さですね。

 

駅の構内やお店の中など、確かに今年は設定温度が高め。

でも、実は私はこの方が快適なんです。

冷房は苦手なので、今年は風邪をひかずにすむかも?

 

7月は、Shamrockの都内でのライブや出張コンサート、

その合間にソロコンサートもあって、ちょっとハードな月なので、

風邪などひいていられません。

体力と集中力が必要となりそうです。

 

さて、その7月のライブ、ボナペティでのプログラムが送られてまいりました。

出演は、二本仕立てで、最初が松本浩和さんによる尺八独奏、

そして、次がShamrockのデュオ演奏です。

 

この順番で、それぞれ両方のステージに出ます。

尺八とご一緒という、本当に異色の組み合わせ、とても楽しみです。

 

邦楽は邦楽同士、ということの方が多いと思いますが、

こういう和洋折衷ライブは、きっと趣きがあるのではないかと思います。

 

今回のShamrockでは、ボナペティのライブ限定の曲もいくつかあります。

 

古いメロディーを頼りに探したら、すごい文豪が歌詞を付けていたことを発見して

採用したものや、

 

題名に”lamb"(子羊)が出てくるので、牧歌的な曲かと思ったら、全く違って

ちょっと怪しげ(?)だった、けど、やってみちゃいましょう、みたいな曲などなど。

 

Shamrockはこのように、たぶん本邦初、みたいなのを売りにしているデュオでもあります。

 

尺八の松本さんも、この日のために、趣向をこらしていらっしゃるようです。

今回、私たちとのジョイントはありませんが、童謡や日本古来の子守唄、

そして本格的な尺八の名曲など、ソロをたっぷり聴かせていただけると思います。

 

7月13日(水)の19:30〜(18:30オープン)

大井町線、都営線中延駅徒歩3分のボナペティへ、どうぞいらしてくださいね。

お待ちしております♪

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。