新たなる季節のはじまりに

梅雨に入っておりますね。

この時期、春とも夏ともいえない、微妙な季節です。

なので、6月は、コンサートの内容を考えるのが難しいです。

 

そういう時は、故郷を思う頃として、そんな曲も入れてみたりします。

そして私が好きなのは、「椰子の実」です、島崎藤村の。

 

流れ着く椰子の実に自らを重ね合わせ、ふるさとを思い、

そしていつの日か、我は国に帰ろう、という歌です。

人は必ず帰るところが必要なのですね。

 

6月のコンサートを準備している中、Kashiwa Glory Chapelという教会から

震災支援のチャリティーコンサートでの、ハープ演奏のご依頼をいただきました。

 

東北の地には、帰る場所がない方たちがたくさんいらっしゃる。

故郷が一瞬にしてなくなってしまう・・・想像を絶する話です。

 

震災以降、音楽で一体何ができるのだろう、という疑問がずっとあって、

無力さを思いましたが、こうしてチャリティーに協力させていただけることは、

本当に嬉しく思いました。

 

そして、集まった義援金は、直接現地に届けてくださるということです。

今回は第二弾だそうで、一回目の時は、現地で炊き出しをして、おはぎを160個、

また、中古の自転車を18台届けたのだそうです。

(Glory Chapelの皆様、ご苦労さまです。ありがとうございます。)

 

そして第二弾のチャリティーも、そんな熱い思いが込められたイベントでした。

皆が気持ちをひとつにして、全力投球した一日で、

なんともいえない達成感がありました。

 

そういう時って、不思議と疲れません。

(というか、素晴らしいsoulfulなアーティストの皆さんから、エネルギーをもらった感じです。)

 

このような支援は、続けていくことが何よりも大切ですね。

きっとまだまだ必要ですから。

 

そして私ができる小さなこととして、いつでもまた、協力できるように、

日々欠かさず、ハープを弾いていようと思ったのでした。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。