気がつけば、春間近・・・

2月の大きなコンサートの後、充電期間と称して、ゆったり過ごしておりました。

いつの間にか梅なども咲いたりして、だいぶ花粉も飛び始めているようですね、クシャン!

 

3月からは春バージョンで、いくつかソロコンサートが入っているので、

この期間に、編曲をしたり、新曲も作っておりました。

 

まずは『この道』(北原白秋/山田耕筰)

この曲は、以前からレパートリーにしていましたが、ちょっとリニューアルして、

少し現代風なコードを付けて、お洒落な感じにしてみました。(ハイカラというのかな?)

 

北原白秋の詩は、風景が見えてくるような詩ですから、

そんな爽やかな、古き良き時代の風景が見えてきてくれたら、嬉しいです。

ハープの音から、場面の風を感じていただけるように、というのが願いです。

 

アン・サリーや平原綾香がカバーしている『蘇州夜曲』にも、挑戦です。

こちらも詩が美しいですね。

 

はかない恋の行方が、水面にはらはらと散る花のごとくに描かれていて、

美しい蘇州(行ったことないですが)の景色、寒山寺の鐘の音・・・

まるで絵はがきの中にいるかのようです。

 

前奏に、中国の音階を入れてみましたら、すごく合うのです。

間奏では、二胡を入れたいくらいです。(二胡はうちにあるのですが、弾く人がいないですね。)

 

そしてオリジナルの新曲は、ものすごい久しぶりの歌詞入り、

『会えてよかった』と題するものです。

行く先々での最後の閉めに、と思って作りました。

 

同じ時代に生まれて、なおかつ、その場所に居合わせなければ、出会うことができない・・・

それは奇跡のよう、だから出会いを大切に、という内容の、かなり大げさな歌です。(笑)

 

日本では、学校も会社も4月始まりですから、春は新しい出会いの季節なので、

特にこの時期、タイムリーかも知れません。

 

それと、3月は別れの季節・・・ということで、

『蛍の光』もスコットランド民謡として、今回紹介しようと思っています。

 

最近『蛍の光』は、あまり卒業式で歌われないのではないでしょうか。

お店の閉店の音楽、というイメージで、これを聴くと、なんとなく気持ちが焦ります。

欧米では、年末のカウントダウンですね。

 

実は3月3日に、あるデイサービスで『ひな祭りコンサート』があるので、

♪灯りをつけましょ・・・も引っぱり出して来ました。

曲だけを弾くと、なんとも暗い音楽、これぞ邦楽ですね。

題名は、『楽しいひなまつり』だったのね・・・。

 

でも、こうして春の曲を集めていると、なんだか気分的に華やいできます。

今月は、桜色のストールをまとって、ハープを弾こうと思っています。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。