アン・サリー

 

アン・サリーというシンガーをご存知でしょうか?

 

一見、ボサノヴァかしら、と思えますが、

一つのジャンルにはめ込まれることなく、

独自の世界を展開している方です。

 

 

ゆったりまったり・・・自然なのびやかな声に癒されます。

イメージとしては、オーガニック、ナチュラル、スローライフ・・・

 

年下の音楽友達が教えてくれました。

これはかなりヒット! とても気に入って、アフタヌーンティータイムなどに

よく聴いています。(ありがとう!)

 

そして、信じられないのが、アン・サリーさんは、心臓内科のお医者さんだということ。

 

音楽と医学・・・どうやったら両立できるのか、私にはわかりませんが、

勤務医をしながら、ライブをし、アルバムもたくさん出しています。

 

もうかなり有名らしく、収容人数の多いホールのような所でしか

コンサートはやっていないみたいです。

 

もう一つ付け加えると、二児の母、なのだそうです。

 

NHKの「みんなの歌」でも、自作曲が流れていたみたいなので、

小さい子の方がよく知っているのかも知れません。

 

この方は、ボサノヴァやジャズのスタンダードが多いですが、

日本語の曲もいろいろカヴァーしていて、それがなかなかよいのです。

 

『蘇州夜曲』(戦前の曲だそうですね)、『星影の小道』など、

年配の方が聴いてもいいですね。

新しいアルバムでは、松田聖子の『ガラスの林檎』もカヴァーしているようです。

 

それにしても、OLでライブもやっている、という人は、結構いると思いますが、

お医者さんというのは、珍しすぎます・・・。

 

「お医者になっても歌は歌えるけれど、音楽の道だけに進んだら、医者はやれない。」

 

というのが、二足の藁の理由だそうです。確かに・・・。

 

人にはいろいろ使命があると思いますが、

多くを与えられている人は、

多くのことを果たさなければならないのですね。

 

でも、そんな気負いもなく、本当に自然体で歌っているアン・サリーさんの音楽。

きっととても心に響きますよ。

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。