ディナー演奏初日

久しぶりにお店に行きましたら、すっかりクリスマスの飾りで、

ますます素敵な雰囲気になっていました。

 

ハープ、照明、ヴォーカルマイクを設置して、サウンドチェックとリハーサル。

そして、 6時くらいからお客様が到着です。

 

この日は、私のお友達が2組と、ご近所の方々もお見えに

なり、なんだかアットホームな雰囲気です。

そしてお料理も進み始めた頃に、登場です。

 

1stステージでは、BGMとして演奏を。

2ndと3rdステージは、MC付きのライブにいたしました。

知り合いがいると、やっぱり盛り上がりますね。(ちょっと緊張しますが・・・。)

 

選曲は、7割ぐらいをクリスマスキャロルにしました。

 

ヨーロッパのクリスマスキャロルの中でも、日本でもよく知られているものを

中心に、お楽しみいただきました。

 

『ひいらぎ飾ろう』では、皆さんにも参加していただいて、

「ファララララ〜ン」の部分を歌っていただいたり、

 

『おお、クリスマスツリー』では、ドイツの森に茂っている、

緑豊かなもみの木を想像していただいたり、

 

また、『アメージンググレース』などは、しんみり聴いていただいたり、

あっという間の3ステージでした。

 

実は、この日のリハの段階で、断念した曲があったのです。

 

普段私は、明るい昼間に演奏するこが多いので、夜のレストランの暗さに目が慣れず、

あまりに半音操作(レバーチェンジ)の多い曲はあきらめざるを得ませんでした。

 

半音操作が多いのは、やはりなんといってもバッハです。

3曲ほど用意したのですが、できたのは、『主よ、人の望みの喜びよ』だけで、ちょっと残念。

でも、あとはだいたい予定どおりでした。

 

そして何よりも、朝のパニックが嘘のよう、はるか前のことのよう・・・不思議でした。

 

終わってから、「今日はとっても癒されました」と言ってくださった方がいて、

嬉しく思いました。

 

こんな優しい方々に囲まれて、今日ここに、こうしていられることが、

本当に幸いに感じられた夜でした。

 

明日も明後日も、まだまだクリスマスを楽しめそうです。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。