アドベント一週目

アドベント(待降節)という時期に入りました。

クリスマスの4週前の日曜日からアドベントが始まるので、

今週は第一週目です。

 

日本では、クリスマスといえば24日と25日のことで、それが終わったら

さっさとツリーを片付けて、お正月飾りを、というのが通常のようですが、

欧米では、こうしてじっくりと、長い間クリスマスを待ち望みつつ、

準備をします。

 

そして、25日が過ぎてからも、その後12日間は、まだクリスマスなのです。

ツリーもそれまでは、残されていますしね。

徐々に徐々に、クリスマスから新年へと移行していくのです。

こういう、ゆったりまったりした時の流れ方って、いいと思いませんか?

 

さて、12月の初日の本日、早くもクリスマスコンサートをしてきました。

こちらは、今回私が、初めてお邪魔したデイサービス(ご高齢の方が通って、

昼間の時間、安心して過ごすための場所)でした。

 

ウッディーな建物で、中もとても素敵なログハウス風。

こんな所でくつろげるのは、幸せですね。

お世話されている職員さんとご一緒に、皆さん穏やかな午後をお過ごしでした。

 

そこへ何やら、ハープだの椅子だの・・・バタバタと運び込みまして、

皆さんに静かに(じっくりと)見守られながら、ハープを組み立てて、

20分でセッティングしまして・・・。

さぁ、アイリッシュハープのソロコンサートの始まりです。

 

いつもこういった場所では、懐かしの唱歌などが多いのですが、今回は

クリスマス向けのコンサート、ということでしたので、ポピュラーな

クリスマスソングをたくさん用意して行きました。

 

ご年配の方には、クリスマス? 何ぞや? という感じだったらどうしようと、

思いましたが、皆さん静かに聴いてくださり、楽しまれていた様子で

安心しました。

 

こちらの施設は、珍しく男性が多くいらっしゃって、一番前に座った男性が、

一曲終わるごとに、「よかった、よかった」と言ってくださって、

こちらにとっても、よかったです。(ハハハ・・・)

 

初めて行くところでは、どのようにコンサートの流れを作るか、どうしても

判断に時間がかかってしまいます。

空気が掴めるのも、後半になってからようやく、という感じですね。

 

ですので、あのように、その場で感想を言ってくださる方がいらっしゃると、

とっても助かりますし、嬉しいですね。

 

約一時間、今年初のクリスマスを皆さんとご一緒に、過ごしてまいりました。

それは私にとっても、心温まるひとときでした。

 

これから25日まで、コンサートが続きます。

 

いろいろな場所で、いろいろな出会いがありますことを楽しみに、

今日もハープを担いで Let's go というKIKIでありました。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。