クリスマス準備(続)

いよいよ12月が近づいてまいりました。

 

クリスマスにレストランで演奏する、3ステージ分の選曲もだいたい済ませ、

練習に入ったところです。

 

クリスマスキャロルをふんだんに、それとやはり私のハープの故郷、アイルランドや

スコットランドの曲も少し入れてあります。

あと、クラシックの名曲や、先月作った私のオリジナル曲も、やりたいと思っています。

そんなこんなで、30曲近くになりそうです。

 

すごく迷っているのは、今年の夏ヒットした、宮崎駿のアニメ『借り暮らしのアリエッティ』の

テーマ曲を入れるかどうか、です。

 

セシル・コルベールというフランス人女性が、アイリッシュハープを弾き歌いしています。

お子さんが来てくれれば、「あっ!」と思ってくれるのですが、大人はほとんど知らない

かなぁ・・・。

 

練習と同時に、準備していたのは、衣装でした。

比較的広い場所での、ソロコンサートの時に着ようと、ロングスカートを縫いました。

 

サテンの木地に、同色のレースとビーズを裾の方に付けてみました。

 

最初はレースを一列だけ付けるつもりでしたが、寂しいのでニ列にしまして、

なんだかそれでも寂しいので、スワロフスキーのビーズを30個付けてみましたが、

苦労した割には大して目立たず、

さらに苦労して30個・・・合計60個を付けて、一応完成!

 

手芸店には、スカートを持って計4回も行ってしまいました。

 

裾の方なので、結局そんなに目立ちませんが、

これ以上を望むのであれば、電飾しかありません。(笑)

 

12月は、初めてコンサートをする所が二カ所あって、緊張ですが、楽しみです。

生まれて初めてアイリッシュハープを聴く、という方に、行く先々で出会います。

特にクリスマスの曲には、このハープのキラキラした感じがよく合いますね。

 

アイリッシュハープを季節に例えると、断然「冬」です。

寒い、引き締まった冬の空に、散りばめられている星、というイメージです。

あと、ちらちらと落ちてくる粉雪、などですね。

 

そんなわけで、12月は、この楽器の出番が最も多い時期です。

私も風邪を引かないように、がんばりたいと思っています。