Lily of the Valleyのこと

Lily of the Valleyのファーストアルバム
Lily of the Valleyのファーストアルバム

前回ご紹介したユニット、”Lily of the Valley”は、ソプラノのお歌を伊津野志保さん、リコーダーを若林いづみさん、そして、アイリッシュハープのKIKIこと、山田ゆき子がメンバーのトリオアンサンブルです。

 

ユニット名は、『谷間のゆり』と訳せますが、正解は『すずらん』です。

 

この三人では、アイルランド民謡やルネッサンス音楽、バロック、賛美歌、日本歌曲・・・と、守備範囲も広く、子供向けコンサートがあれば、ジブリのアニメ音楽なんかもやったりしています。

 

 

Lily of the Valleyの結成は、2003年頃だったでしょうか。もともとは、声楽、フルート、オルガンで、バッハの教会カンタータなどをやっておりました。

 

数年後に、歌のしほちゃんがイギリスに留学することになって、グループの活動を一時お休みしたのですが、その間に何があったのか?? 私はフルート→アイリッシュハープに転職し、オルガニストの若林さんは、いつの間にかリコーダー吹きになって、巷で活躍していたのでした。

 

それで、しほちゃんの帰国後に、あっさり編成を変えまして、2007年の後半から、今のスタイルのLily of the Valleyが新装開店した、という異色グループです。

でも、お陰で本当にヴァリエーションが広がりました。

 

 

私たちは、これまでにもいろいろな所に呼んでいただきましたが、ピアノがない場所でも、電源がなくても、Lily of the Valleyはコンサートができる!という点で、とても重宝されています。

 

クラシック系ですと、ピアノは? 調律は?というのが通常ですから、その点お手軽なんですね。(ただ、ハープ担当の私の荷物の多さは、ただ事ではありませんが!)

 

また、コンサートでは、MC担当のしほちゃんによる、と〜ってもためになる音楽のお話なども盛り込まれていて、リピーターも絶えません。(ホントホント!)

 

昨年はミニアルバムと称して、自主制作CDも作ることができまして、チャリティーとして、

日本国際飢餓対策機構に収益を送らせていただき、大変感謝なことでした。

お買い上げくださった皆様、本当にありがとうございました。

(↑CDのカバーデザイン&製作は、竹内久美子さん。もったいないくらい素敵な作品でした。)

 

これからも、すずらんのような、愛らしい音楽のお花を咲かせて、皆様にお届けしたいですね。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。