音楽の伝え方、いろいろ

3月のコンサートで初演した自作曲を

忘れないうちに楽譜に起こしました。

 

しばらく弾かないと、自分で作った曲でも忘れます。

編曲した曲も同じように、いつまでも指が覚えていてくれません。

 

楽譜に書き残すことは、記録の意味でやっています。

 

アイルランドの伝承曲の世界に足を踏み入れてから、

音を目で追う(譜面を見て弾く)ことをしなくなりました。

 

それに慣れるまで、とてもとても時間がかかりましたが、

今は、いろいろな意味で本当に助かっています。

(譜面台も楽譜も、荷物から2つも減りましたから!)

 

音譜というものは、平仮名ぐらいしか読めない年齢の頃から

見続けているものでした。

 

逆に譜面さえあれば、いろいろ弾くことができる、

という便利さはあると思います。

 

それは本を音読するのと同じです。

暗唱は難しいですものね。

 

でも、耳で聞いたものを弾く訓練をすると、耳が持つ可能性を

まだまだ広げられるようです。

 

オタマジャクシは苦手で、とおっしゃる方も多いかと思いますが、 

譜面など読めなくても、音楽を楽しむことは十分できるのです!

  

 

こちらは、アイルランドのドニゴールという街の小学校での

音楽発表会に行った時の写真です。

 

エンヤさんとお姉さんのモイヤさんが卒業した、

街で唯一の小学校です。

 

モイヤさん率いるプロのグループが演奏した後に、

子供たちのコンサートがありました。

 

ホイッスル(笛)、フィドル(ヴァイオリン)、マンドリン、ボーラン(太鼓)

アコーディオン、そういった楽器での演奏です。

 

かなり日本の小学校の音楽の時間とは違う雰囲気です。

そして、楽譜を読める子が一人もいないのです!

 

もしかしたら、教えている音楽の先生も読めないかも(?)知れないです。

 

伝承というのは、そういうものなのですね。

バッハのように綿密に楽譜を残した大陸の音楽とは、

全く別もののようであります。

 

どっちもすごいと思うのですが、

ケルト音楽は、より普段着感に溢れ、日常的な音楽であります。

 

宮廷が舞台ではなく、家庭の中であり、村の集会の中であり。

そして、音楽が身体に染み付いている、そんな感じです。

 

その光景を見た時は、カルチャーショックでありましたが、

昔話を語るように、音楽を語り継いでいる、それだけのことだよ、と

アイルランド人は言うでしょう。

 

素朴で飾り気がないところに、

どこかホッとするものがあるようです。

 

そんなカルチャーに影響されて、私はコンサートの冒頭のご挨拶で、

よく「クラシックの音楽会ではないので、どうぞ楽になさってください」と

言うようにしています。

 

我が家に来てくださって、そこで開かれているようなコンサートを

これからもしていきたいと、常日頃思っております。^^)

 

さて、3月のコンサートで弾いたオリジナル曲『暖炉の前で』は、

ご好評いただいて、大変嬉しいです。

 

今年は、また新曲をいくつか作っていきたく思っています。

 

0 コメント

続いてます

3年前にアイルランドでシャムロックという

クローバーの種を買って来て、自宅に蒔きましたら、

それ以降、そのこぼれ種から春先に発芽します。

 

こちらは3代目シャムロック。

アイルランドの国花、三つの葉っぱがシンボルです。

 

発芽した頃は、雑草のカタバミととても似ていて、

引き抜きそうになるのですが、

 

似て非なるもの、よく見るとやはり違うのです。

春先に見つけると、寒さに耐え抜いた姿に感動します。

 

周りの雑草をせっせと引き抜いたので、

今年もすくすく育ちそうです。

 

そういえば、去年は3月17日のSt. Patrick's Dayあたりに

花が咲いたのですが、今年は、少し遅いようです。

 

今年の3月は慌ただしく過ごし、St. Patrick's Dayのいろんな催しを

スルーしてしまいました。

 

今こうしてゆっくり植物を眺める、そんな時間も大事ですね。

 

種も遺伝子組み換えなどがあると、何年も受け継ぐことはできないそうです。

なので、この種は無事だったわけです!

 

前回、音楽の継承のことを書きましたが、

続いていくことって、素晴らしいですね。

 

姿・形が変わらないその葉っぱを見て、

ほっと安心した、春の日でありました。

 

0 コメント

クリスマスを先取りして

熊本県熊本地方において発生した地震で被災された皆様に

心からお見舞い申し上げます。

また、一日も早く元の生活に戻ることができますように・・・。

 

 

まだ春になったばかりのようなこの頃ですが、

クリスマスの曲を弾いておりました。

 

最近私のところへ、ボイストレーニングを受けに来ている生徒さんがいて、

その方のための教材として選んだのが、

 

'O Sing a Song of Bethlehem'という

アイルランドのクリスマスキャロルでした。

 

トラディショナルなアイリッシュ音楽で、

歌詞はクリスマスの降誕物語、羊飼いが見たベツレヘムの夜を

歌っています。

 

音の跳躍も少ないので、歌いやすい曲であることと、

是非今から用意して、今年のクリスマスには披露してほしいと

思ったのでした。

 

クリスマスというと日本では、11月中旬頃からその雰囲気に入り、

ぴったり12月24日で終わりますでしょ。

 

期間としては約一ヶ月半ぐらいでしょうか。

 

25日からいきなりお正月準備への切り替えの早さに、

(これはスーパーの陳列棚を見ると思うことですが)

 

風情も何もなく、余韻が楽しめないことを思っておりました。

 

ですので、今から用意すれば、長〜くクリスマスを待つ楽しさが

加わるような気がします。

 

そして、目標を持つことで、楽しみと共に上達すること間違いなしです!

 

そんなお手伝いをしながら、私自身も楽しませていただいていることに

気づきました。

 

そうでなければ、私も今この時期にクリスマスキャロルを歌ったり

弾いたりすることはないと思いますから。

 

思いがけないプレゼント、私にとっても楽しみです。

 

0 コメント

音楽だよりVol. 9 花は咲く

今年第二弾目の音楽だよりは、この3月のコンサートでは、

必ずアンコールでお送りした、『花は咲く』です。

 

これは昨年、石巻でコンサートをした時に、

ハープ用にアレンジして持って行ったものです。

 

そして、先月のコンサートでは、来てくださった方々の心の中に

たくさん花が咲いてお帰りになってくだされば、

という思いで、アンコールに弾いておりました。

 

今回、音楽だよりにこの曲を選びましたのは、

 

コンサートの会場でCDを買ってくださった方に、

『花は咲く』は入っていますか?

と聞かれたことからでした。

 

残念ながら、著作権の問題があって、こういった新しい曲のカバーを

CDに収めるのは難しいので、入れておりません。

 

ですのでそんな方のために、この場を借りまして、

ここでお聴きいただければと思って、ビデオに撮りました。

(Youtubeは著作権料を支払ってくれているので、カバー曲の演奏が可能なんです♪)

 

東日本大震災から5年が経過したわけですが、

折しも今度は熊本を中心に、大きな地震が発生しました。

 

熊本には、ハープを通してお友達になった方もいらして、

大変心配しております。

 

美しい日本、自然が豊かな日本であるが故に、

避けられない地震という災害ですが、

こんなに頻繁に起こってしまうのは、本当に辛いものです。

 

避難されている方々が守られますように・・・。

一日も早く復旧できて、生活が落ち着きますように・・・。

 

ここではそんな思いもこめて、お送りいたします。

 

0 コメント

心よりお見舞い申し上げます

 

なんだかほんわかとする、ちばてつやさんの熊本応援画です。

 

現地ではまだまだ大変な状態が続いていると思います。

ぐっすり眠ることもできない状況では、と察します。

 

でもこうして「くまもん」が励まされている様子は、

熊本が日本中からエールを送られている様子そのもの。

 

熊本に向ける思いは一つであります。

 

ご不自由をされている方々に、安らぎが与えられますように。

元の生活が速やかに戻って来ますように。

 

みんながこうして側にいます。

 

KIKI

 

2 コメント

言葉の乗せ方

いよいよゴールデンウィークですね。

連休中のお天気はまずまずでしょうか。

 

ここ数日、新しい曲を編曲しておりました。

今回は、SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』です。

 

一応参考にしましたのは、作者の槙原敬之さんのバージョンです。

(本当にYoutubeがなかったら、こういうこともできませんから、ありがたいです!)

 

リリースからもう十数年経つのに、色褪せない、名曲ですね。

詞からも元気づけられます。

 

そして、何となく知っていて、何となくは口ずさめるこの歌でしたが、

よく聞くと、言葉の乗せ方が難しいのです。

一回ではとても覚えられません。

 

字数が多い、字余り、だのにきちんと乗っている、そして聞きやすい、

さすがは槙原さんです。

 

恐らく作詞が先行しているものと思います。

お花屋さんに並ぶ色とりどりの花、それぞれに奇麗に咲いている、

という情景が目に浮かびます。

 

今回はインスト用(歌はなし)ですが、歌い回しと同じように

メロディーを弾きますので、一生懸命聴きました。

 

こういったポップスもハープで弾くと、

また違った趣きがあるので、アレンジするのも楽しいです。

 

最近は、お母さんと一緒に小学生の方もコンサートに

来てくださることがありますので、

 

こんなポップスだったら、喜ばれるかなと思いました。

一緒に口ずさんでくれたら、いいなぁと思います。

 

 ♪世界で一つだけの花 一人一人違う種を持つ

  その花を咲かせることだけに 一生懸命になればいい♪

 

そうです!

みんなそれぞれに、自分ならではの花を咲かせましょう!

 

 

        〜Harp & Song コンサート〜

 

現在、5月中旬以降のコンサートをお受けしております。

どうぞご予約やご質問などありましたら、こちらからお問い合わせください。

お待ちしております。

 

0 コメント