アフタヌーンティーコンサートのお知らせ

寒い毎日ですが、少しずつ陽が延びてきましたね。2月に入りました。

 

12月に収穫したお庭の金柑は、その後も次々と実を付けてくれて、金柑ジャムをいろいろアレンジしています。

←そのジャムを入れて焼いたケーキも美味しいです。

 

ティータイムってほんと、楽しくて幸せです。

おうちでお友達を招くティータイムも大好きな私ですが、どこかのお気に入りのお店で過ごす午後もよいですね。

 

そんなことから、2月16日(火)にアフタヌーンティーコンサートをさせていただくことになりました!

 

場所は、千代田線赤坂、または赤坂見附から徒歩数分の、

カーサクラシカという、クラシック系のライブハウスです。

 

ずいぶん前に、二回ほど出させていただいたことがありましたが、今回は、カーサクラシカのイベントとして、昼間の部門でKIKIのソロコンサートを企画してくださいました。

 

 

内容もお任せだったので、今回は、前のブログでお話ししました、

『ハープと香りのコンサート』に決定です。

 

香りの空間でのライブを2ステージ、アフタヌーンティータイム、

そして、どなたも楽しめる参加型の香りのワークショップを融合、

盛りだくさんの予定です。

 

ハープは膝に乗せて弾く小型ハープ、イブを使用いたします。

 

ライブの合間のワークショップは、「ひたすらリラックスしましょー」

そんな内容です。(一体何やるの???)

 

題しまして、「心も手もポカポカに、香りのハンドリフレクソロジー」です。

 

楽器奏者やパフォーマーの方には、本番前のリラックス方法として、

練習以外にできること、として提案したい内容です。

 

また、冬は手が冷たいし荒れて、とおっしゃる方には、ハンドケアに、

あるいは、電車の中でスマホじゃないことしたい、などなど

 

どの方にも、いろいろ応用できると思います。

 

音楽と香りによる、ちょっと優雅で、まったりしたティーパーティー、

そんな風にしたいと思っています。

 

平日なので、お仕事している方には難しいかも知れませんが、

逆に、土日はいろいろあって・・・という方には是非とも、と思います。

 

『ハープと香りのコンサート』は広くない場所でのみ実現できるコンサートですので、

マックスで20〜25名様ぐらいまでとなります。

 

ご予約はKIKIのホームページから、または、直接カーサクラシカへご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

 ♪ Casa Classica Presents 「ハープと香りのコンサート」♪

 

 日時:2016年2月16日(火) 14:00〜15:30(開場13:30)

 場所:カーサクラシカ(港区赤坂3−19−9 オレンジボックスビルB1)

    TEL: 03-3505-8577

 出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り、アロマテラピー)

 料金:¥3,500(ミュージックチャージ、ウェルカムハーブティー、香りのワークショップ、

            アフタヌーンティーセット、込み)

 

1stステージ:心地良い香り(アロマ)の空間で、アイルランド伝統曲のコンサート
         ウェルカム・ハーブティーをお楽しみください。
       
2ndステージ:香りのハンドリフレクソロジーワークショップ
       ハーピストの観点から学んだ、ハンドケアとリラックス方法をご一緒に。

3rdステージ:アフタヌーンティー(イングリッシュスコーン&紅茶など)を楽しみながら、
       イングランド伝統曲のコンサート

ご予約:カーサクラシカ、またはKIKIのHPお問い合わせフォームより
    お申し込みください。

 

 

0 コメント

「おもてなし」に学ぶ

 

 

春が来たような素敵なティーセットです。こんなティータイムを過ごせたら!

 

先日、東京ドームで開かれたいた、『テーブルウェアフェスティバル』に初めて行って参りました。

 

今度私も、アフタヌーンティーコンサートをいたしますので、その雰囲気に浸りたく、目の保養も兼ねて、オフの一日を過ごしました。

 

国内・外合わせて、たくさんの陶器メーカーが集結しての展示と販売、有名な方がテーブルセッティングした「作品」などもあって、

 

広い東京ドームは多くの人で溢れていました。

少々足が疲れましたが、寒いこの時期に、とても華やいだ、そしてリッチな気分でした。

 

 

 

 

 

 

耐熱ガラスメーカー『Hario』が作った、ガラス製のチェロ、他にバイオリンやキーボードもガラス製で、

トリオのデモ演奏がありました!

 

音は・・・・材質がガラスですので、やはり共鳴は難しく、とても小さな音でした。

 

きっとガラス製の楽器は重いのでは・・・奏者の方のご苦労が感じられました。

 

一見、氷のようにも見えて、涼しげというか、夏だったらもっとよかったかも知れません。

 

もちろん、実用化するわけではないので、イベントの一部として話題性があって、十分楽しめるものでした。

 

たくさんの人がステージ前に集まっていました。

 

石坂浩二さん作のテーブルセッティングです。

飾ってある絵も、ご本人の作品ですね。

素晴らしい。

 

その他、黒柳徹子さんの作品もありました!

 

普段何気なくセットしているテーブルも、もっといろいろ芸術的に表現できる分野なのですね。

 

そして、それは自己表現でもありながら、他者(お客さん)への思い、おもてなしで成り立っているという点、素敵なことですね。

 

 

ハープもちゃんとありました!

こちらはベネチアングラス、イタリアからです。

 

オーケストラの一つ一つの楽器を、このようにピエロさんが弾いているガラスのお人形です。

ズラリとあって圧巻でした。

 

ベネチア、一度行ったことがありますが、素敵なガラス工芸の街ですね。

 

でも、本当にガラスは繊細で壊れやすいので、あまり持っていません。その昔ベネチアで買ったものも、一つ割れ、二つ割れ・・・あらら、もうないかも知れないです。

 

でも、窓際に置いて光に当てたら、きっと奇麗ですね。

地震の少ないヨーロッパならではの芸術品です。

 

 

 

 

 

さて、来週となりました、アフタヌーンティーコンサート、

私も楽しみつつ、準備に入りました。

 

今日、打ち合わせをして参りましたが、お店の多大なご協力があって、

本当に盛りだくさんです!

 

今回、この新しいタイプのコンサートの初回記念に、

サプライズも予定しております。^^

 

そして、小型ハープに興味あって、終わってからちょっと触ってみたい、

そんな方も時間の許す限りOKです。お申し出ください。

 

また、最初にお出しするウェルカムハーブティーは、KIKIの自家製レモングラスと

風邪予防になるハーブのオリジナルブレンドです。お楽しみに!

 

是非お誘い合わせの上、いらしてくださいませ。^^

 

 

♪ Casa Classica Presents 「ハープと香りのコンサート」♪

 

 日時:2016年2月16日(火) 14:00〜15:30(開場13:30)

 場所:カーサクラシカ(港区赤坂3−19−9 オレンジボックスビルB1)

    TEL: 03-3505-8577

 出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語り、アロマテラピー)

 料金:¥3,500(ミュージックチャージ、ウェルカムハーブティー、香りのワークショップ、

            アフタヌーンティーセット、込み)

 

1stステージ:心地良い香り(アロマ)の空間で、アイルランド伝統曲のコンサート
         ウェルカム・ハーブティーをお楽しみください。
       
2ndステージ:香りのハンドリフレクソロジーワークショップ
       ハーピストの観点から学んだ、ハンドケアとリラックス方法をご一緒に。

3rdステージ:アフタヌーンティー(イングリッシュスコーン&紅茶など)を楽しみながら、
       イングランド伝統曲のコンサート

ご予約:カーサクラシカ、またはKIKIのHPお問い合わせフォームより
    お申し込みください。

 

 

0 コメント

ゆったりと、香りに包まれたコンサート

昨日は朝からお天気よく、嬉しかったです。

 

そして午後に、赤坂のクラシック系ライブハウス、カーサクラシカさんにて、『ハープと香りのコンサート』をして参りました。

 

よい香りに包まれてお客様をお迎えして、その中で演奏できるのは、本当に幸せです。

 

その日はどんな香りにしようかな、と考えていましたが、数日前に、ご本人やお子さんがインフルエンザで行けなくなってしまった方々がいらして、

 

どうやらこの季節はそれですね、とばかりに、風邪予防になる香り(ラベンダー、レモン、ユーカリ)                            を会場にディフューザーなどで散りばめて、

開場の1:30を待ちました。

フレッシュな香りが会場を包んでいます。

お店のスタッフの男性が入って来て、「めっちゃいい香り♡」と言ってくれて、安心しました。

 

 

ウエルカムハーブティーです。

 

自家製レモングラスに、風邪予防になるエキナセアやカレンデュラ(マリーゴールド)などのハーブをブレンドしてみました。

 

天使がハープを持っているクッキーは、私が昨夜焼いた、メープルシロップ入りです。^^)

 

お持ち帰りされていた方が多かったようですね。

飾るのかな?

 

ゆったりとした時間、香りの空間、ハープの調べ、そんな午後の始まりとなりました。

 

 

第一部では、そのハーブティーを飲んでいただきながら、アイルランドの伝承曲として、8世紀頃に作詞された讃美歌や、

 

盲目の吟遊詩人のオカロランのハープ曲など、

6曲を聴いていただきました。

 

私はアイルランドやイギリスのことを思うと、「風や空」「草や花、木々の香り」そんなことを連想します。

 

その雰囲気をここで再現してみたい、というのがこのコンサートのコンセプトでもありました。

 

 

第一部は題して「ラベンダーの時間」として

生のラベンダーをマグカップに入れて、熱湯を注ぎ、

その香りを楽しみつつ、聴いていただきました。

 

聴覚と嗅覚を使った、コンサートとしては少し変わったスタイルですね。

 

ちょっと斜めっていますが、スペシャルゲストの登場です。

 

カーサクラシカのオーナーの奥様は、コロラトォーラソプラノ歌手の志保さん、そして、シャムロックやLily of the Valleyのユニットでご一緒して

います。

 

今日はバックステージとキッチンスタッフとしてお忙しい中、飛び入りをお願いしてデュエットを一曲させていただきました。

 

そして、かなり無理なお願いとわかりつつ、モーツァルトの「魔笛」の「夜の女王のアリア」の一部を披露していただきました!

 

                            本日のサプライズには皆さん、大喜びでした。

                            志保さん、ありがとう。

 

 

第二部は、日々のリラックス方法を追求しましょう、そしてヘルシーになりましょう、という

目的で、

 

アロマテラピーを組み込んだ、セルフでできるハンドリフレクソロジーを皆さんといたしました。

 

リラックスを科学する、そんな要素も含んだ内容で、「花粉症には?」「肩凝りには?」とそれぞれに興味を持ってくださり、

 

香りのハンドクリームを楽しみつつ、ご参加くださいました。

 

 

そしてその後は、お待ちかねのアフタヌーンティータイムです。

 

さきほどの、コロラトォーラソプラノの志保さんが作ってくれた

焼きたてのスコーンと、私がセレクトしたハーブティー2種の中から選んでいただき、

皆さんに楽しんでいただきました。

 

第三部は、ローズマリーの時間と題しまして、少しすっきりと。

 

ローズマリーが出て来る曲の時に、生のローズマリーを配って、「香りを楽しんでイメージしてください」という時を持ちました。

 

場所をイングランドやスコットランドへ向けまして、また少し違ったテイストの曲を選びました。

 

中にはスコットランドへ行かれた方も何人かいらしたようですね。お楽しみいただけたら幸いです。

 

最後は私の大好きなゲール語の歌、「Sla le Mought」(さようなら、モー川)という

 

郷愁感たっぷりのゲール語の曲でコンサートを閉じました。

 

1時間半の予定でしたが、急遽第4部も設けて、お客様との触れ合い時間も

いただき、2時間近く、ゆったりと時が流れる午後を過ごさせていただきました。

 

来てくださった方々からも、「盛りだくさんで楽しかった、よい午後でした」

「まったりした、癒された」というご感想をいただき、本当に嬉しいです。

 

確かに確かに、盛りだくさんでした。

頭の中にシミュレーションとして入っていたことが、抜けてしまう点もあり、

反省点も課題も多いです。

 

でも皆さんの優しい雰囲気に、私も助けられました。

 

来てくださった皆様、カーサクラシカの清水さんご夫妻はじめ、スタッフの皆様

ありがとうございました!

 

また機会があったら、是非こんな「まったりした時間」を

皆様とご一緒に過ごせたらと思います。

 

 

0 コメント

ゆるやかな時を振り返り

毎日違ったお天気で、そのせいで体調を崩していらっしゃる方も多く、心配ですね。

 

暖かな日差しがほしいところですが、今度は花粉が飛び交うようになる、という日本の厳しい自然環境を思います。

 

先週、都内では初めて行いました『ハープと香りのコンサート』は、私にとって今年初めてのコンサートであり、

 

しばらくの構想期間を経てのものでありました。

とても良いスタートで今年を始められたように思います。

 

私はソロとして活動しておりますが、いつも思いますのは、

コンサートは表に見えない多くの方々の助けによって、成り立っているということです。

 

今回は友人夫妻が経営するライブハウスが、ご賛同くださり主催してくださったことは

本当に感謝なことでした。

 

普段は夜オープンのお店でありますが、昼間の時間も強化したいということで、

その第一弾としてお声をかけてくださいました。

 

昼間ですと、お店としては、ランチタイムにお客さんが来てくださった方がよいのですが、

私は会場を芳香したい、ということで、

キッチンからお料理の香りがしない、アフタヌーンティータイムを希望したのでした。

 

ライブハウスとしては、とても中途半端な時間帯だったと思いますが、

ご理解くださり、お店を特別に開けてくださったのでした。

 

そして、実際にレモンやユーカリ、ラベンダーをディフューザーで拡散しましたら、

お店がいつになくよい香り、まずスタッフの皆さんが喜んでくださり、

 

爽やかな空気とともに、コンサートを始めることができました。

会場の広さといい、本当に今回の企画にぴったりの場所でした。

 

 

そして、焼きたての手作りスコーン、クリームにフランス製のオーガニックいちごジャムと、

心をこめておもてなしくださった志保さん。

 

来られたお客様方が、そのおもてなしを喜んでくださいました。ありがとう。

 

コンサート後は片付けに大忙しで、私自身アフタヌーンティーはできなかったのですが、お土産にスコーンをくださり・・・。^^)

 

味覚的にも素敵にイギリスを再現してくださいました。

 

 

今回はリラックスをテーマに、大好きなイギリスやアイルランドからの風を、ここ東京で感じていただけたら、とアイディアを凝らしてみましたが、

 

その準備段階を楽しんだのは、言うまでもなく、私自身でありました。

 

素朴で飾らない、自然に満ちた環境で、生活の中に小さな楽しみを見つけて暮す、

 

イギリスで見た人々の生き方に共感を持ったことが、

今の自分の音楽にも大きな影響を与えています。

 

そんな思いを五感をとおして来てくださったお客様に

                         分つことができたので、本当に嬉しいです。

 

そして、言葉で表現するのは難しいけれど、この心地良さを表したい、

それが具現化できましたのは、一昨年以来交流をいただいている、

アロマセラピストの矢島初穂さんによります。

 

「なんとなくいい香り」ではなく、自然界に存在する香りの成分が、実際に薬学に発展し、

医学や科学で立証できることであったからこそ、私自身もそんなリラックス方法を

学んでみたいと思ったのでした。

(初穂さんは、『Heaven's Gift』という、わかりやすいアロマテラピーの本の著者でもあります。)

 

コンサートもリピートして同じ所でやらせていただくことが増えて来ましたので、

様々な要素を組み合わせた楽しさや工夫があったら、と思っていました。

 

新しい引き出しを一つ、増やせたことは嬉しい限りです。

 

そんな経緯があって、一つの直線上にいろいろなことが並び、

何十年も経た今になって、あの時のことがこう繋がっているんだ、と

パズルの絵ができ上がっていくのを見る思いです。

 

どれか一つでもなかったら、今は存在しないのですから、

人生って楽しい、と思います。

 

0 コメント

『温かい』がテーマの新曲

 

少しずつ陽が長くなって来ていますが、まだまだ寒いですね。

 

←こちらの画像、お借りしていますが、私の憧れ、蒔きストーブであります。

 

今さら無理ですが、家にこんなストーブがあったら、と思います。煙突というのもなんだか夢があります。

 

(子供の頃、うちにサンタが来ないのは煙突がないからだと、思ったことがありましたっけ。^^)

 

以前アイルランドに滞在した時のお宅には、

家主が手作りしたという暖炉があって、

 

お庭から木々を切って乾かし、

その薪を使って一日中お部屋を温めていました。

 

そしてそこには、自然と子供たちが集まって来るのでした。

何をするわけでもなく寝そべったり。

 

暖炉の中の炎を見ているだけで、なんとも安らぐのです。

静かに静かに時が過ぎて行くのが感じられました。

 

「ほっこり」という言葉がぴったりな、

空気も人も温かい、そんな安心感を伴う至福の時でした。

 

今回ハープソロのために作っている曲は、そんな温かい時を思う『暖炉の前で』(仮題)

という曲であります。

 

外は寒くても、パチパチ燃える暖炉が待っていることを思えば、

足取りも軽やかに家路に着けることでしょうね。

 

そしてシチューなどの煮込み料理も美味くできそうで!

(ますます憧れます😋)

 

この曲は、多分・・・なのですが、3月19日の竹の塚でのコンサートで、

初演できるのではないかと思います。

 

温かい空気感を会場の皆様に送れたらと願っております。

 

あったかいっていいなぁ、と思っていただける、

心と心を繋ぐ、そんなコンサートになったらと思います。

 

お近くの方、どうぞいらしてくださいませ。

 

 

 ☆Harp & Song コンサート

 2016年3月19日(土)14:00〜15:30(開場13:30)

 竹の塚地域学習センター4階ホール(東武スカイツリーライン 竹の塚駅徒歩7分)

 入場料:¥500

 出演:KIKI(アイリッシュハープ弾き語りソロコンサート)

 

 *ご来場ご希望の方は、Mail to KIKI(お問い合わせ)よりお申し込みください。

  チケットをお取り置きいたします。

  チケットお申し込み受付け期間:1月26日〜3月18日

 *このコンサートについて、ブログにもアップしてあります。

 

0 コメント