夏休みの宿題として

毎年、2月と8月はまとまった休暇を取って、

次のシーズンの準備をしています。

 

新曲のアレンジですとか、いろんな方のライブを聴きに行くなど、

普段できないことに時間をかけたり、

 

何年か前には、クロスストラングハープという特殊なハープの練習を

懸命に重ねたこともありました。

 

そして、今年はこちら↓を新たに手にしています。

 

コンサーティーナというアイリッシュ音楽に欠かせない

楽器です。

 

これまでに何度もこの楽器に出会い、いつも手にしては

買わずに眺めるだけで、帰ってきたものでした。

 

基本的に楽器はいろいろ好きなので、一度手にすると、

没頭しすぎるという懸念があって、気が進みませんでした。

 

でも、昨年アイルランドに行ってから、コンサーティーナの

音が、本当に風土に合った素朴な楽器であることを感じて、

見直しておりました。

 

どこか懐かしい音に、ほっとするものがありました。

 

クラシック音楽のような感覚ではなく、もう少し気楽に

楽しめそうと、今年はついに手にしたのでした。

 

ボタンアコーディオンやバンドネオンを

もっとシンプルにしたような楽器です。

 

あまり知られていないものですが、気をつけてみると

いろいろ身近にありました。

 

 

 

 

スナフキンが弾いていました。

 

さすらいの楽器としては、持ち運びもよいし、ぴったりです。

スナフキンに似合いますね。

 

絵になっているところを見ると、コンサーティーナがやはり

ヨーロッパの楽器であることを思います。

 

それにしてもこの方は、いろんな楽器ができるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

あら、ダヤンまでも。

 

そして、この楽器を弾いてみましたところ、結構指や手首が疲れるようなので、

没頭するほど長い時間弾けないことがわかりました。

 

私の場合、ハープは何時間弾いても疲れないので、

本当に没頭してしまいます。

 

だからこそ、それが自分に合っている楽器なのでしょう。

 

メインであるハープの時間は保ちつつ、ほどほどに練習ができるというのは、

ある意味よかったです。

 

楽器も人と同じように、無理なくおつきあいできることが

大切ですね。

 

どんな形でライブにコンサーティーナが登場するか、未定ではありますが、

いつかそのうちに、と思って宿題にしています。

 

0 コメント

チャペル演奏のお知らせ

 

残暑の時期となりました。

暑さは厳しいですが、空の色や漂う空気が、

どことなく秋へと向かっているのを感じます。

 

8月24日(日)に、埼玉県川口市にあります、けやき通りキリスト教会にて

演奏の予定です。

 

当日は年に一度の「音楽礼拝」ということで、

日曜礼拝の中で、KIKIが弾き語りをいたします。

 

時間は10:30〜12:00で、その間に30分の演奏タイムがあります。

礼拝ではありますが、ミニコンサート形式でいたします。

 

週の始めに、心静まって牧師先生のメッセージを聞いたり、

讃美歌を歌ったり、そしてハープの調べと・・・。

 

そんな清涼感たっぷりな日曜日は、いかがでしょうか?

是非おススメです。

 

よく海外旅行をすると、キリスト教会ってなんだかエキゾチックで、

中を覗いてみたくなりますよね。

 

でも、一体何をやっているのかわからない・・・これが普通と思います。

大丈夫、日本語ですから全てわかります ^^)v

 

日曜礼拝はその国の言葉が違っても、内容は世界共通です。

そして、西洋音楽のルーツである教会は、音楽に満ちたところです。

 

初めての方も、お気軽にいらしていただければと思います。

 

当日は、現在手売りのみとなっております、CD「Gentle Breeze」も

販売させていただく予定です。

 

お友達とご家族と、是非いらしてください。

 

KIKI

 

0 コメント

音楽礼拝(けやき通りキリスト教会)

夏休みもあと少しとなった、24日の日曜日、

埼玉県川口市にあります、けやき通りキリスト教会

演奏で伺いました。

 

背の高い赤い屋根の可愛い教会でしたので、

遠くからもよく見えます。

町のシンボルという感じですね。(写真を撮り忘れてしまい残念 (> <)

 

10時半からの礼拝には、たくさんの方がお越し下さいました。

いつも来ていらっしゃる皆さんの他、お友達やご近所の方、

教会学校のお子さんたちも。

 

今日はスペシャルにご用意くださった日ということで、

日曜礼拝の中で、30分ほどのミニコンサートとなりました。

 

まず、讃美歌166番「イエスきみは」を本日のオープニングにしました。

これは、つい最近ハープ用にアレンジしたもので、

私自身もとても気に入っております。

 

続いてアイルランド民謡の「ダニーボーイ」。

これは、讃美歌としても歌われていますので、原曲と讃美歌の

2つの歌詞を順に歌いました。

 

そして、ホルストの「ジュピター」では、旧約聖書の詩篇からの

ことばを乗せて歌っています。ちょっと変わっていたでしょうか。

 

バッハの曲も2曲ほど演奏いたしましたが、これは私にとっての

スペシャルなので、エピソードも含めて聞いていただきました。

 

そして最後の「アメージンググレース」で、だいたい30分です。

 

本当はもう一曲入れていたのですが、練習の段階でどうしても時間オーバーと

なってしまい、諦めました。

でも、ちょうどよくコンパクトにまとまったような気もします。

 

また、今回とても心配しておりましたのは、この湿気の多い夏の時期には、

ハープの弦がよく切れる、ということでした。

 

実は数日前に一本切れてしまったので、もしも演奏中に切れることがあったら・・・

という、不安がずっとあったのですが、

 

そういったアクシデントなく、とてもホッとしました!

 

 

教会での演奏はとても好きです。

そこには静寂があって、優しい空気が流れています。

 

静かに奏でられたピアノの奏楽で、皆で讃美歌を歌い、

牧師先生のお話を聞き、また気持ちが改められました。

 

今日初めて教会に来られた方もいらしたでしょうか。

いかがでしたでしょう?

どうぞまたいつでもお越しください。

 

チラシを見て足を運んでくださった方々、ありがとうございました。

けやき通り教会の皆様、長い期間のご準備を感謝いたします。

 

God bless you!

 

終了後、浅野牧師先生ご家族と一緒に。
終了後、浅野牧師先生ご家族と一緒に。
2 コメント